体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美人コスプレイヤーのオタク道、徹底された二次元ライフを覗いてみたら

制作にイベントに大忙し! 仕事からプライベートまで二次元どっぷりなコスプレイヤー・さかなさんに学ぶ、オタクライフを賢く満喫するための部屋選びのポイントとは?

アニメ好きな家族の影響で二次元どっぷり生活

二次元オタク歴15年、コスプレ歴9年のさかなさんは、お母さんやお姉さんもアニメ好きという家庭環境で育ち、気付いた時には二次元の世界にどっぷりハマっていた。

これまでに心酔した作品は、『ガンダム』シリーズ、『テイルズ』シリーズ、『幻想水滸伝』シリーズ、『黒子のバスケ』、『血界戦線』、『PSYCHOーPASS』など、挙げればキリがない。作品を鑑賞するだけでは飽き足らずコスプレに目覚めたわけだが、きっかけは専門誌とのこと。

「今は休刊してるんですけど、昔『電撃レイヤーズ』っていう雑誌があって。高校生の時、それをたまたま本屋で見かけて。ちょうど同じクラスの友達とコミックマーケットに行く予定があったので『今度のコミケで(コスプレ)やってみよか?』ってノリで」
 
さかなさんのコスプレレパートリーは、『機動戦士ガンダムUC』のオードリー・バーン(ミネバ・ラオ・ザビ)、『アイドリッシュセブン』の七瀬陸、『刀剣乱舞』の乱藤四郎など。衣装は自作派だ。

「きちんと数えたことはありませんが、これまでに50着以上は作ったと思います。イベント前日に徹夜でヒーヒー言いながら自分を追い込んでる時などは【何が楽しくてコスプレしてるんだろう】って本気で考える瞬間も(笑)でもやっぱり、やめられないんですよね」

部屋にはお気に入りの自作衣装がズラリ。どれも既製品を超えるクオリティだが、どのように制作しているのだろうか。

「まず作品をじっくり観ます。アニメだったら再現したい衣装のシーンで一時停止して、細かい部分までチェックします。型紙はデザインが似た市販の服を改造して使うことが多いですね。二次元では可能なデザインも、実際に作ってみるとおかしい場合があるので、装飾の位置などは全体のバランスを見て調整しています」

衣装は全て手づくりで、洋裁は独学だそうだ被写体からカメラマンに変転!?

コスプレイヤーとして二次元愛を体現してきたさかなさんに変化が訪れたのは4年前。被写体(レイヤー)であるよりも、カメラマンとしてコスプレに携わりたいとの気持ちが大きくなったのだ。

「レイヤーだった頃、自分が思い描いているビジュアルをカメラマンさんに伝えるのがすごく苦手でした。こういう世界観の作品だから、こんな風に撮ってもらいたいと伝えても、そのカメラマンさんが作品を知らなかったりすると全く伝わらなくて・・・。それならいっそ自分で撮っちゃえ!って」
 
二次元におけるコスプレは、その作品の世界観やキャラクターの魅力をいかに表現し、形に残せるかが重要になってくる。コスプレイヤーが表現したいことを自身もコスプレイヤーだった経験から熟知しているさかなさんの撮影は、コスプレ仲間から絶大な信頼を得ているようだ。

「このキャラクターだったら、こういうポーズを取るよね?とか、作品を愛しているからこそ湧き出てくるアイディアや妄想を形にしたいと思ってて。そのために必要なのであれば小道具をそろえますし、撮影場所にもこだわります」

レイヤー時代に妥協してしまったことを取り戻すかのように、さかなさんはビジュアル制作にのめり込んでいる。『作品愛』という共通言語だけに頼らず、時には絵コンテを描いて伝えることも。

「二次元コスプレにもいろいろあって、私は本作にはないビジュアルを妄想するのが好きなんです。例えば、仲の悪いキャラクターがお互いに口をきかないシーンを表現するのに、心のつぶやきが書かれた付箋を背中にたくさん貼ってみたりとか。そういうアイディアを持ち寄って、ああだこうだやってる時が何よりも幸せですね」

現在は撮影に専念しているので自らコスプレすることは少なくなったが、撮影で使用する小物などは今でも手づくりしている。
そのため、街を歩いても『コレはあの撮影に使えそう』と、何でもコスプレに結び付けるクセが付いてしまったとか。ただ、コスプレにハマったゆえのメリットもたくさんある。

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。