体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメ好きが集まるシェアハウス ! 『オタクの桃源郷』を取材してみた

マンガとアニメを愛する者だけが集うアニメ好きのためのシェアハウス。そこでの暮らしは一体どんなものなのか

見切り発車で上京し巡り合った最高の住まい

住まい方の一つとして定着しつつあるシェアハウス。最近は、占い、育児、起業、ゴルフなど、コンセプトを明確に打ち出したものも増えている。そんななかでもまだ珍しいのが、アニメ好きのためのシェアハウス。

奥野さんは、そんな数少ないシェアハウス『千歳船橋エルミタージュ』の住人だ。

元々広島に住んでいた奥野さん。
『ワンダーランドウォーズ』というゲームのイベントで東京に来た際、「東京に住めばイベントにも行きやすいし、アニメをリアルタイムで見られるな」と感じたこと、PC関係の仕事に就きたかったこともあり、上京を決意した。

「住む場所も決めずに上京してきてしまったので、カプセルホテルに泊まりながら部屋探しをしていました(笑)。苦戦していたら、先に地元から出てきていたアニメ好きの友人が『今俺が住んでいる面白いシェアハウスがあるから、見に来ないか』と誘ってくれて」

内見で目に飛び込んできたのは、共有リビングに備え付けられた80インチの大スクリーン。

「これでアニメを観たら楽しいだろうなぁ」と、その時点で、ほぼ入居の意志が固まったという。

「壁のポスターやリビングの棚にあったDVDから、本当にアニメが好きな人たちが集まっていることが伝わってきたのも大きかったです。内見当日も『.hack』という少し昔のアニメDVDを見つけて、管理人さんと意気投合したのを覚えています。自分のまわりに観ている人が少なかったので、うれしかったですね」

この盛り上がりがアニメシェアハウスの醍醐味。住み始めた今も、住人同士でアニメを見て楽しむことが多いそうだ。

「リビングのHDDレコーダーには、放送中のアニメが全て録画されているので、仕事が休みの日にまとめて見ていますね。

今期は5~6本くらい。やっぱり、新作を見ると誰かと感想を言い合いたくなるでしょう。

その時に、シェアハウスだと常に相手がいるのでありがたい。それに、年齢は20代~40代まで幅広いし、職業もさまざま。いろんな人と話ができるのは楽しいですよ」

入居の決め手となった80インチの大スクリーンでアニメを鑑賞すぐに馴染めたシェアハウスライフ

ちなみに、シェアハウスに住むようになってから麻雀を覚え、料理もするようになったという。

共用キッチンで作った料理をルームメイトに振舞うことも
「もちろん、アニメの話だけをしているわけではありません。仕事の話をすることもあれば、ニュースの話題も出ます。きっかけはアニメですが、ここで暮らし始めてから視野が広がりました」

 シェアハウスにすぐ馴染めたのは、学生時代の経験が影響しているという奥野さん。子どもの頃は剣道にいそしむスポーツ少年。外遊びも大好きだったが、中学2年生で『ゼロの使い魔』というアニメに出合う。

「小さい頃から剣や魔法を題材にしたファンタジー作品が好きで、その世界観を再現した『ゼロの使い魔』にハマったんです。そこから、いろんなアニメを見るようになりました。アニメを通じて価値観を共有できる友人もできて、人間関係も広がりました。その経験があったから、シェアハウスにも抵抗なく入居できたのかもしれません」
 
ただ、ときには一人でじっくりと作品を観たい時もあるだろう。

「そんな時は、5.5畳の自室に引きこもります。ベッドに寝転がって、作品に没頭します(笑)」

共有スペースと自室とを使い分け、このシェアハウスでの暮らしを満喫する奥野さん。住まいに関する今後の展望は?

「シェアハウスには満足していますが、贅沢を言えば、グッズを飾るための専用の部屋を別に借りたいですね(笑)」

もうしばらくは、アニメ好きの仲間と楽しい時間と空間を共有する生活が続きそうだ。

文=林田考司
写真=尾形和美

※「CHINTAI2017年5月2・18日号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています。
※雑誌「CHINTAI」2017年8月24日発売号の特集は「29歳の部屋・暮らし・人生」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/?news

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。