体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

聖地巡礼ならぬ聖地移住!  アニメ『氷菓』の舞台に住むことを決めた男性に会ってみた

地方都市で公務員として働く植杉さん。彼の暮らしぶりに見るアニメの舞台に住む魅力とは!?

8回もの聖地巡礼を経て決意した聖地移住

聖地巡礼を辞書で引くと、まず「宗教上の聖地・霊場などを参拝して回ること」とある。そして、「俗に、熱心なファンが、アニメ・漫画の舞台となった土地や建物などを聖地と称して訪れること」と続く。

今回、お話を聞いた植杉さんは、さらに踏み込んだ『聖地移住』の実践者だ。
今は、アニメ『氷菓』の舞台となった岐阜県高山市で暮らしている。

「『氷菓』は友人に勧められたのですが、まさか自分がこんなにもハマって、しかも、舞台となった街に住むことになるなんて、考えてもいませんでした」と笑う植杉さん。

『氷菓』は、高山市をモデルとした架空の街、神山市が舞台。普通の高校生が、日常生活でのちょっとした違和感や謎を解決していく物語だ。
 
植杉さんが作品にハマった理由は二つ。
「主人公に特別な力があるわけでもなく、高校生という日常に根ざした視点に安心感を覚えた」こと。

もう一つは、「作中で描かれる街の佇まい。趣のある喫茶店や美しい自然、歴史ある建築物など、これまでの自分の人生にない風景に惹かれました」

アニメ「氷菓」のオープニングに登場する鍛冶橋

植杉さんの故郷は北海道南西部にある熊石町(現:八雲町)。曰く「自然は豊かだけど、歴史的な文化は少ない街だった」とのこと。

その後大学進学で上京、途中、ドイツへの留学経験もある。さまざまな街に住んだことのある植杉さんの目に、高山市の魅力は「自然も歴史に裏打ちされた文化も存在するところにある」と映った。

『氷菓』の作中でも美しい風景は印象的で、アニメツーリズム協会が昨年実施した『アニメ聖地投票』の第3回中間発表では、第2位につけているという。

「僕も、移住前に8回も聖地巡礼をしました。公式の舞台探訪マップに記載されている場所には全部行きましたね。その中に、北アルプスを望める『スカイパーク』という公園があるのですが、駅から30分かけて歩いて行きまし。タクシーだと10分弱なのですが、彼らと同じように街を歩きながら、その風景を目に焼き付けたかったんです」

『スカイパーク』以外には、彼らが集う喫茶店のモデルとなった『バグパイプ』や『喫茶去 かつて』がオススメの聖地だという。

「特に、『かつて』の和風パフェ、あまがさねは最高においしい。『バグパイプ』では、作中にも登場する『ウィンナーココア』を必ず飲んでいます」とうれしそうに語る。聖地から生活の街へ、高山市を選んだ理由とは

ここまでなら、熱心なファンの聖地巡礼ではよくある話。しかし、植杉さんは、さらに一歩踏み込んだ「聖地移住者」だ。訪れると住むとでは、天と地ほどの違いがあるはずだ。

「『氷菓』にハマったのは、ちょうど、就職を考える時期でした。その際、満員電車を使って通勤するスタイルは不向きだと、地方都市での就職を検討していたんです。いわゆる、Uターン、Iターンですね。実は、『氷菓』を勧めてくれた友人も、僕が地方都市での就職に興味があることを知っていました。神山市(高山市)なら、僕が気に入ると思ったのでしょう。ただ、まさか本当に移住するとは思っていなかったようですが(笑)」
 
地方都市で公務員として働きたいと思っていた植杉さんは、高山市を何度も訪れるうちに、その先進的な考え方に感じ入るようになる。

実は高山市は、ミシュランの旅行ガイドでは京都・奈良と並び三つ星にランクされている、かなり人気の高い観光地。

特に外国人観光客は、約9万人の人口に対して年間約42万人も訪れているという。そのため、この規模の市では珍しく、都市の魅力を世界に発信するための取り組みに力を入れているのだ。

「ドイツへの留学経験もあり、できれば世界とつながる仕事がしたいと考えていました。そんな時、『氷菓』によって高山市の魅力を知ってしまった。歴史や文化、そして美しい自然。この素晴らしい街を日本中、世界中の人に知ってもらう手伝いをしたい。そう考えて、高山市役所の選考を受けました」

結果は、無事に合格。2016年から勤め始め、今年で3年目となる。

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。