体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京駅でしか食べられない「カプリコルネ」って知ってる?【ぐりこ・や Kitchen】

東京駅の「ぐりこ・や Kitchen」でしか食べられない「カプリコルネ」って知ってる?
小さい頃によく食べた懐かしのお菓子「カプリコ」。コーンの中に軽いエアーチョコが入ってて、子供心にちょっと贅沢なお菓子の一つでした。大人になった今も、たまに食べたくなる・・・そんな存在。

この「カプリコ」が進化したものが、東京駅で食べられるってご存知ですか? しかも、東京駅でしか食べられないのですよ!

「ぐりこ・や Kitchen」には珍しいグリコのお菓子がいっぱい!

東京駅の「ぐりこ・や Kitchen」でしか食べられない「カプリコルネ」って知ってる?
東京駅一番街 地下1階「東京おかしランド」の中にある「ぐりこ・や Kitchen」。その名前の通り、お菓子メーカーの「グリコ」が運営するお店です。この「ぐりこ・や Kitchen」には、お菓子を作る設備=キッチンを持っているのが特徴なんです。

東京駅の「ぐりこ・や Kitchen」でしか食べられない「カプリコルネ」って知ってる?
でも、それだけじゃなく、もちろんグリコのお菓子を買うこともできます。しかも、普通のスーパーなどでは買えない、ちょっと変わった商品も。

東京駅の「ぐりこ・や Kitchen」でしか食べられない「カプリコルネ」って知ってる?
グリコマークで有名なキャラメルを使ったクリームや・・・

東京駅の「ぐりこ・や Kitchen」でしか食べられない「カプリコルネ」って知ってる?
グリコマークの顔型のべっこう飴も。

東京駅の「ぐりこ・や Kitchen」でしか食べられない「カプリコルネ」って知ってる?
あの「コロン」が長い棒になった商品も! 長いコロン、小さい頃は夢でしたが、実現されているとは! これは自分用に欲しくなりますね。

目の前で作ってくれる「カプリコルネ」

カプリコの進化系「カプリコルネ」は、キッチンで注文すると、その場で作ってくれるイートインメニュー。

東京駅の「ぐりこ・や Kitchen」でしか食べられない「カプリコルネ」って知ってる?
210円で食べることができますよ。カプリコルネは、コーンの中にチョコガナッシュが入っているようです。キッチンでは他にアーモンドチョコなども作っていて、食べることができます。

さて、早速注文! 注文をすると、スタッフの方が準備を始めます。

東京駅の「ぐりこ・や Kitchen」でしか食べられない「カプリコルネ」って知ってる?
まずはガナッシュを作ってくれます。手作り感満載です。

東京駅の「ぐりこ・や Kitchen」でしか食べられない「カプリコルネ」って知ってる?
ガナッシュが作り終わると、コーンの中に注入していきます。たっぷりと詰めてくれますよ。全部ガナッシュが詰まったら、最後にポッキーを立てて出来上がりです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。