体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

網戸なしで虫よけは大丈夫!? お洒落「古民家カフェ」の縁側で聞いてみた

網戸なしで虫除けは大丈夫!? お洒落「古民家カフェ」の縁側で聞いてみた

残暑でまだまだ暑いですね。夏といえば「縁側でスイカ、庭で花火」というのが筆者の幼少期の楽しい思い出。そんな日本の夏の原風景に憧憬を抱きながらも、暑さや蚊の侵入を考えると「窓を大きく開けて過ごすのは無理、一日中エアコン必須」という人は多いでしょう。屋外から風を入れて涼をとるような自然に寄り添った暮らしはどうすれば実現できるのでしょうか。猛暑なのにエアコンも網戸もなし、という日本の原風景を表しているような古民家カフェがあると聞き、夏の過ごし方や防虫対策について伺ってきました。

古民家には網戸がない!? 虫よけ対策はどうしているの?

日本の伝統的な家屋は“夏をもって旨とすべし”と、夏涼しく過ごせるよう開口部を大きく取っているのが特徴です。そうした大きい掃き出し窓などについているのが網戸。虫の侵入を防いでくれる頼もしい存在ですが、網戸があると美しい里山の風景や日本家屋の雰囲気を損ねてしまうのも事実です。

昔の日本家屋は網戸のない家が多く、そうした家がどう防虫対策をしていたかというと、蚊取り線香を焚き、夜には蚊帳を吊ってその中で就寝していました。数は減ったものの、今でもそういった暮らしをしているお宅はあるのではないかと思います。

個人宅ではありませんが、現代でも窓を開け放ち、自然の風で涼をとる暮らしを大切に考えている人たちがいます。例えば「古民家カフェ」。軒数は少ないですが、建物の落ち着いた雰囲気を損なわないよう、網戸もエアコンも付けていないというお店があります。そうした古民家カフェでは、夏の虫よけや暑さ対策はどうしているのでしょうか。3軒のカフェのオーナーに、自然に寄り添った夏の過ごし方やお店づくりへの思いを伺いました。

網戸のない古民家カフェ[1] 広縁から入る海風と和の風情を味わう

【画像1】L字の広縁。木枠の窓が古の風情を感じさせ、2方向に開いた窓から海風が入ります。畳にちゃぶ台、団扇と扇風機…。古き良き日本の暮らしが凝縮された空間です(写真撮影/金井直子)

【画像1】L字の広縁。木枠の窓が古の風情を感じさせ、2方向に開いた窓から海風が入ります。畳にちゃぶ台、団扇と扇風機……。古き良き日本の暮らしが凝縮された空間です(写真撮影/金井直子)

「てぬぐいカフェ 一花屋(いちげや)」は、鎌倉の静かな住宅街にひっそりとたたずむ古民家カフェ。大正時代に建てられた築80年ほどの古民家で、長らく茶室として使われていたそうです。10年ほど前にこの建物と出合ったオーナーの瀬能笛里子さんによって、カフェとして始動しました。

瀬能さんのお気に入りポイントは、L字型をした開放感のある広縁。通常より幅の広い廊下が南東側にあり、ここから自然の風を取り込んでいます。

「海が近いので、海風が結構入ってきて心地いいですよ。窓から入って玄関へ抜ける風の道ができています。無風のときはさすがに暑いですが、お客様には扇風機と団扇で涼をとっていただくなど、古き良き和の暮らしを感じていただければと思っています」と瀬能さん。

冷房の強い空間に長時間いると、外に出たときに温度差で体が参ってしまうことがありますが、自然から涼を得る空間では、体に無理のない範囲で夏の暑さを受け入れる暮らしの良さを実感することができるといいます。

虫よけ対策は、蚊取り線香を庭、玄関、厨房の3カ所で焚いているのみ。市販の蚊取り線香は化学合成した薬剤を使ったものが主流ですが、瀬能さんが使うのは植物の除虫菊を用いた昔ながらのもの。「化学的な薬剤のタイプだと体調が悪くなることがあるので、自然のものにこだわっています」(瀬能さん)

瀬能さんは「蚊はいますよ」と言いますが、筆者がこのお店に滞在した1時間半ほどの間、蚊にはさされませんでした。お店に入る直前に道で2カ所さされたのとは対照的です。「蚊取り線香が“結界”をつくっているのかもしれませんね」と話す瀬能さんでした。【画像2】写真左/庭で焚かれている渦巻き型の蚊取り線香。天然の除虫菊をつかった蚊取り線香は茶色なのです。写真右/緑に囲まれた広縁は特等席。和みます(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部、金井直子)
1 2 3 4 5次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。