ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

離乳食をステップアップする時期がわからないまま1歳に!ゴックン期→パクパク期に一気に飛び級⁉ by ヒビユウ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

一人目のときは、それはそれはもう丁寧に離乳食を作っていました。

心をこめて作っただけあって、食べてもらえないときのショックも大きかったけれど、わたしの作ったもので育ってるんだという実感がありました。

二人目はというと、これが本当に適当で・・・。 前回エピソード:何てヤローだ、夏休みって奴は…!昨年の夏、廃人と化した私が書いた「夏休みの心得」とは by ヒビユウ

f:id:akasuguedi:20170806060822p:plain f:id:akasuguedi:20170806060839p:plain f:id:akasuguedi:20170806060854p:plain

そうそう!ゴックン期!

そんなのあったなぁ〜。

だいたいの本にはこのような目安が記載されています。

ゴックン期(5・6ヶ月)

モグモグ期(7・8ヶ月)

カミカミ期(9~11ヶ月)

パクパク期(12~18ヶ月)

赤ちゃんの成長に応じて、柔らかさや一口の大きさなどを変えていき、幼児食を食べれるようにするために進めていきます。

離乳食の本を参考に、なんとかゴックン期レシピを作り始めるわたし。

しかし、「モグモグ期とカミカミ期に入るタイミングがわからん…そう思いながら、ゴックン期寄りの離乳食(具材は細かいみじん切りにしたり、ペースト状の食事が多かったです)を来る日も来る日も作り続け、気がつくとムスメは1歳のお誕生日を迎えていました。

f:id:akasuguedi:20170806061020p:plain f:id:akasuguedi:20170806061038p:plain f:id:akasuguedi:20170806061052p:plain

それまではパンはパン粥に、お米はお粥にしていましたが、

1歳になった途端、普通のパンと軟飯にチェンジ。

具材もみじん切りから、1センチ角くらいに大きくしました。

難なく食べて、消化も悪くなかったので、まぁいいか!

ゴックン期からパクパク期に一気に飛び級したのでした。

実際は、少しずつ味付けを濃くしていったり、食材を変化させたりしていましたが、柔らかさと具材の大きさに関しては、1歳になるまでゴックン期寄りでした…。

それ以来、食べることに興味を持ったムスメは2歳になりました。

この夏は、きゅうりを食べられるようになりました!

食べムラはありますが、いろんなものを食べられるようになるといいなぁと思います。 関連エピソード:段階調整!?栄養バランス!?手間、こだわり…。ワンオペギリギリなのに離乳食作りなんてムーリー! by志乃

f:id:akasuguedi:20161213174657j:plain著者:ヒビユウ

年齢:アラサー

子どもの年齢:5歳と2歳

三重在住。ムスコとムスメの日々成長する姿を絵日記にしてInstagramに綴っています。著書「hibi家のムスコとムスメ」が河出書房新社より発売中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

回数が増える離乳食に負担は増すばかり。そんな時現れた救世主は「ベビーフード」!
使えるものは上手に取り入れて!市販のベビーフードで外出がストレスフリーになりました
離乳食アレンジにも大活躍!ママも赤ちゃんもハッピーになれたベビーフード

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。