体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉田山田、会場全体がひとつになって 『吉田山田祭り2017』が終幕

今や吉田山田ファンの間では「夏の風物詩」として定着し始めた「吉田山田祭り」。昨年は、日比谷野外大音楽堂を舞台に開催。雨に打たれながらも終始熱狂を描きだした。三回目となる今年は「吉田山田祭り2017」と題し、第一回目と同じ上野水上野外音楽堂 (上野恩賜公園野外ステージ)で開催。立ち見も含め、立錐の余地もないほど観客たちで会場は埋めつくされた。
8月26日(土)@上野水上野外音楽堂  (okmusic UP's)
 

この日は、ニコニコ生放送も実施。場内へ祭り囃子が鳴り響けば、会場のアチコチで”祭”のはっぴを着た人たちが訪れたファンを道案内してゆく。客席には、同じく”祭”のはっぴを着て気持ちを高めている人たちも。ここへ足を運んだ誰もが、これから始まる一夜限りの夏祭りを存分に楽しもうと、期待に胸を膨らませていた。

歌が始まると同時に、銀テープが頭上から降り注いだ。不意をつく演出からの幕開け。「Hello×3」の歌声へ、「Hello」と記された団扇を2人に向け声を返してゆく総立ちの観客たち。冒頭を飾った『新しい世界へ』の時点で、心弾む温かい風景が誕生。続く『てんてんてんて』でも、軽快に走る演奏に合わせ大勢の人たちが拳を突き上げてゆく。早くも場内には、外気に負けない熱が生まれていた。いや、この会場も野外だが、体感する熱気と湿度は間違いなく外よりも高かった。

「登場で飛び出したパーンの音でいろんなものが飛んでいきましたよ」と山田義孝が言えば、「あれは、山田の頭の中のいろんなものがパーンと飛んでいった音ということで」と、吉田結威が突っ込みを入れてゆく。コミカルなやり取りも、吉田山田のライブを形作る楽しい魅力。2人は場内の空気を温かく…いや、笑いでさらに熱くしていった。

観客たちと「走れ」の掛け合いを描いた『ガムシャランナー』や、気持ちを熱く奮い立たせた最新シングルの『街』。「戦ってるのは君一人じゃない」と伝えながら、「押し出せ押し出せネガティブ押し出せ」と叫ぶ声を場内中に響かせた『押し出せ』と、吉田山田は序盤から熱気籠もるステージングを投影。

『ごめん、やっぱ好きなんだ。』では、繊細な恋心を少しずつ紐解きながら、「好き」という想いを告白するように2人は歌いかけてゆく。その初な言葉に触れ、胸が薄紅色に染まるようだった。『メリーゴーランド』では、今にも壊れそうな心模様を打ち明けるように歌う姿も。悲哀を持ったその言葉へ、優しく寄り添っていたかった。

「今が一番楽しいなと思えてる。でも、タイムマシンがあったらあの頃に戻るかな?と思った気持ちを書きました」(吉田結威)。懐かしむように歌う吉田結威のアコギの弾き語りから始まった、『タイムマシン』。シンプルな優しい演奏の上で、「あの日に戻れても同じ夢を選ぶだろう」と、彼らは今の幸せを噛みしめるように歌っていたのが印象深かった。「キミ君に会いたいよ」「君の側にいたいよ」と、零れそうな涙を瞼に湛えながら、失くしたくない想いを零さぬよう、『キミに会いたいな』を2人は優しく歌いかけてきた。ゆっくりと日が落ちてゆく外の景色。暮れなずむ夕陽は、まるで2人の心の色のようだ。

アコースティックコーナーの最後に、エレピとヴァイオリンの旋律に乗せ『約束のマーチ』を披露。「どれだけアナタに助けられてきただろう」「どれだけ涙流してしまったろう」。忘れたくない想いを噛みしめるように、過去の歩みを糧に前へ進もうと、2人は感謝の想いと未来へ歩む誓いを、大切な”アナタ”である一人一人へ向け歌っていた。その想いが胸に届き、心涙する人たちも多かったからだろう、演奏後、会場は割れんばかりの拍手に包まれていた。

「吉田山田は、11月1日に5枚目のアルバム『変身』を出します。 変わっていくことは楽しみでもありますが、怖いことでもあるんです。大事にしていたものが、急に色褪せたり、人を傷つけたり…それでも、変わろうとしている今の吉田山田をこのアルバムに詰め込みました」(吉田結威)

ここからは、新曲を立て続けに披露。美しいハーモニーから幕を開けた『浮遊』は、澄み渡る2人の歌声の魅力を味わえる楽曲。演奏が進むごとに躍動してゆく心地好いダンスポップナンバーへ仕上がっているところもポイントだ。歌詞へは、大切な人への愛おしい想いを日常風景を切り取るように描写している。軽快なギターのストロークから、歌はスタート。次第に熱を帯びる演奏は、サビで気持ちを一気に開放。『もし』は、心へ光が降り注ぐ感覚を抱ける楽曲だ。歌詞も、不満抱いた現状から抜け出せる勇気と自信を心へ与えてゆくよう力強さに満ちている。『守人』は、傷つき傷つけられる悲しい現実と自分自身の気持ちを重ね合わせ、自分は守るべき大切な人を照らす存在でありたいと歌う温かいバラード。この3曲が、これからの吉田山田のライブの中で、どんな心揺らす彩りを持った歌として育っていくのか楽しみだ。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。