体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新たな予感も!! 「au Design project」15周年イベントをレポートします!

時代をときめくクリエイターやアーティストと、ケータイの新しいカタチを模索し、「INFOBAR」や「talby」といった名機を世に送り出してきたau Design project(以下aDp)。今年は立ち上げから15年目にあたる。

その開発の舞台裏には、レゴを使用したり、石けんにアンテナを刺して試作品のイメージを固めるといった、新しいものをつくり出そうと奮闘するクリエイターの姿がある一方で、当時の技術的な問題などで製品化に至らなかったいくつものコンセプトモデルも存在する。

2017年7月21日(金)〜31日(月)に東京・有楽町で行われた「ケータイの形態学 展 - The morphology of mobile phones -」は、そんなaDp15年の歴史を紐解くイベントとなった。会場では未発表のコンセプトモデルを含め、ズラリと70台のデザインケータイが並び、来場者を驚かせた。

今回は来場できなかった方のために、会場でも大きな話題となっていた「未発表モデル」を中心に紹介していこう。

デザインケータイの歴史を彩る、伝説のモデルが勢揃い

有楽町駅からほど近い場所にある会場には、入り口から歴代モデルが時系列を追って展示されている。最初は、aDpの礎を築いた「INFOBAR」シリーズだ。


aDpの原点にもなったINFOBARのプロトタイプの展示。マテリアルのイメージとなったアイテムも並べられている


aDpを代表する「INFOBAR」シリーズは、多数のコンセプトモデルや販売モデルが飾られ、タカラトミーとコラボした「au x TRANSFORMERS PROJECT」で開発中のINFOBAR型トランスフォーマーの展示も

プロダクトデザイナーの深澤直人さんが参画して開発が進められた「INFOBAR」は、「ケータイにファッション性を」を合言葉に、テクノロジー主導ではなく、デザイン主導で進められた画期的なプロジェクト。当時主流だった2つ折りタイプではなく、“バー”というコンセプトモデルの意匠をそのまま引き継いで製品化された。当時としては極めてセンセーショナルな製品であり、“デザインケータイ”という言葉を世に根付かせたマイルストーン的なモデルだ。

こちらの記事もあわせてどうぞ
「au Design project」はレゴから始まった!? プロダクトデザイナー深澤直人に迫る


「iida Art Editions YAYOI KUSAMA」

アーティストとコラボしたモデルとしては、草間彌生氏の「iida Art Editions YAYOI KUSAMA」シリーズ。売場を限定してリリースしたものだ。ケータイも現代アートも“コミュニケーション”の文脈にあると捉えたとき、ケータイに“魂を揺さぶる”ような価値を持たせられることを実証するために生まれた、こちらもaDpのラインだ。

こちらの記事もあわせてどうぞ
デザインとアートの狭間で。名モデルたちのユニークすぎる開発の舞台裏


02年に発表されたaDp初期のコンセプトモデル「ishicoro」

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。