体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋人は鶏を美味しく食べる天才かもしれない。幻の郷土料理「ひきずり鍋」を食す【とり日和 今池店】

f:id:Meshi2_IB:20170707102244j:plain

最近、鶏胸肉が高タンパク低カロリーってことで注目を集めているらしい。鶏肉が大好きな名古屋人の私は「何を今さら。フン!」と、鼻で笑っている次第である。

名古屋人にとって、鶏肉は今も昔も日常的に食べている身近な食材。街の至る所に鶏料理店があるのを見ればわかるだろう。

原点回帰の手羽先唐揚げ

名古屋の鶏料理の中でもっともメジャーなのが、甘辛いタレとコショウで味付けした手羽先唐揚げだ。

f:id:Meshi2_IB:20170707102025j:plain

そこで、紹介したいのが千種区内山にある鶏料理店「とり日和 今池店」。

f:id:Meshi2_IB:20170707102238j:plain

こちらの「元祖肉汁じゅ~しぃ手羽先」は、今年6月に栄の久屋大通公園で開催された「第4回手羽先サミット」に初出店し、全28店を押しのけて第4位となる金賞を受賞した。

f:id:Meshi2_IB:20170707102320j:plain

これが「元祖肉汁じゅ~しぃ手羽先」(5本 500円)。

高温で一気に揚げることで、皮はパリパリ。かむごとにジューシーな肉汁がじゅわっとあふれ出す。

タレとコショウのバランスも秀逸で、いくらでも食べられる。金賞受賞も納得だ。

f:id:hotpepper-gourmet:20170711130719j:plain

「とり日和 今池店」のオーナー、伊藤彰浩さんはこう話す。

「醤油とみりん、にんにく、コショウのバランスを考えながら、試作を繰り返しました。結果、地元で昔から親しまれてきた味にたどり着きました。ウチは老舗でなければ有名店でもありませんが、金賞をいただけたのは、手羽先唐揚げの原点に回帰したからだと思っています」

いちいちうまい鶏料理の数々

伊藤さんは市内の高級ホテル内のフレンチレストランで修業していたが、事情があって料理人の道を断念、別の仕事に就いていた。

しかし、どうしても夢を諦めることができず、長いブランクがあったものの、2011年、愛知県稲沢市に「とり日和」を開店させた。ここ今池店は昨年11月にオープンした。

「高級な料理もそれはそれで結構ですが、もっと大衆的なお店をやりたいと思ったんです。だったらやはり鶏料理だろうと。名古屋では手羽先が有名ですが、西尾張地方で昔から食べられていた鶏を使った郷土料理があるんですよ。手羽先と同様に、ビールとめちゃくちゃ相性がイイんです」(伊藤さん)

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。