体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自分らしく働ける会社を選べるための支援をしたい」——原点は自分の人生を変えてくれた1枚のポスター

「学生の皆さんが自分らしく働ける会社を選んでもらいたい」。そう語るのは、2012年4月から新卒採用支援事業『リクナビ』のリクルーティングアドバイザー(以下RA)として働く中村えり。IT業界から小売・サービス業界など様々な分野の新卒採用支援に取り組む彼女には、自身の就職活動での苦い経験がありました。そこから導き出されたのは、「学生と企業との架け橋に自分がなる」という決意、そして「人は何度でも必ずやり直せる」という信念。彼女の言葉から、新卒採用の現場に迫ります。

f:id:katsuse_m:20170718170728j:plain

中村えり(なかむら えり)

教育系広告会社に新卒入社し営業として5年間勤務。その後、「自身の経験を活かして学生の就職活動を支援したい」という想いから、2012年株式会社リクルートキャリアに入社。日々、目の前のお客様の採用成功に向き合い続けている。

 

「自分と合わなかった」入社1年目の苦い経験

f:id:carraria:20170828174051p:plain

今でこそ、企業に対して新卒採用支援を行っている私ですが、実は自分自身の学生時代の就職活動の進め方には悔いが残っています。高校生のころから「誰かの人生を変えるような仕事がしたい」と漠然と考えていました。振り返ると、そう考えるようになったきっかけは、自分自身のある実体験にありました。

高校生の当時、私は水泳部で厳しい練習に励んでいたのですが、背中を痛めてしまったのです。でもこのケガが治ったら、また部活に戻らなきゃいけない…今の状況から抜け出したい、もう学校すら辞めてしまいたい、と思うほど毎日鬱々としていました。そんな時に目にしたのが、1枚の留学支援団体のポスター。外国人と日本人の高校生が笑顔で並んでいるポスターが、私の人生を変える広告となったのです。

「こんな楽しそうに高校生活を送る人もいるんだ」と思った途端、「自分も今の生活を離れて、どうしてもそうなりたい!」と考え、それからは何かに導かれるかのように、親を説得して、一年間休学して、アメリカの西海岸へ留学に踏み切りました。留学は自分の視野を広げ、価値観を変えてくれた素晴らしい経験となりましたが、自分がしたこんな経験を、今度は誰かに提供する立場になりたいと思うようになったのです。「広告は人の人生を変えられる」、そう信じて新卒で入社したのは、教育系の広告会社でした。

しかし、実際に就職してみると、自分の思いと目の前の仕事とのギャップが大きくて、辛いと感じることばかり。「こんなはずじゃなかった」、「全然自分のやりたいことに合っていない」という思いばかりが浮かんでしまい…。具体的に自分がどんな仕事をするのか、というところまでしっかりとイメージできていないまま選択をしてしまったことに加え、水泳部の時に逃げてしまったという罪悪感も伴い、ネガティブスパイラルから抜け出せなくなってしまったのです。結果的には、周りの先輩やお客様にも支えられながら、やるべき仕事に向き合ったことで、入社2年目以降は仕事の楽しさを感じながら働くことができましたが、成果を出し、売上げにも貢献できるようになった頃、大学の入学案内を作る機会があり、OBOGに取材する機会がありました。

そこで、感じたのは、高校と大学を繋げるよりも大学と就職先企業を繋げるほうが、元々持っていた想いにより近く、自身のような就職でつまずく学生を減らせるのではないかということ。そして、大学生を支援する仕事につきたいと思うようになったのです。そこから、キャリアカウンセラーの資格を取得した後、リクルートキャリアへ転職しました。

 

 

自分らしく働くことが、企業の成長にもつながる

f:id:katsuse_m:20170718171834j:plain
1 2次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。