体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カメレオン俳優が生んだ、「違和感」のある江戸ガラス

生活・趣味
カメレオン俳優が生んだ、「違和感」のある江戸ガラス

好きな俳優さんは? と聞かれて「山田孝之」と答えておけば、質問者が男子であろうと女子であろうと、きっと95点だ。

役柄が怖い、不気味、といった理由で苦手な人はいても、これほど個性的なのに愛されている俳優さんも珍しい。それが「傾奇者(かぶきもの)」としての魅力なのかもしれない。

『花の慶次』を読んだことがあるかないかで、この言葉のイメージも130°くらい違う気がする。「傾奇者」は、戦国末期から江戸初期にかけて、江戸や京都などの都市部で流行した、異風を好み、派手な身なりをして、常識を逸脱した行動に走る者たちのこと。

そこから派生して、常識に囚われない、型破りな変わった人のことを意味するようになったんだけど、そこにはどこかSEXYさも感じさせる。

アンバランスな
バランス

カメレオン俳優が生んだ、「違和感」のある江戸ガラス

この「江戸ガラス」は、ゼロからモノを生み出すことが好きな、山田孝之と山口友敬がプロデュースするブランド「FORIEDGE(フォリエッジ)」の第1弾。

・日本酒グラス
・シャンパングラス
・ウォーターゴブレット
・白赤 各ワイングラス
・コンポート

などを作るべく、工場探しから自分たちの手でスタート。東京の職人に依頼したのだそう。熱い。カメレオン俳優が生んだ、「違和感」のある江戸ガラス すべての商品は足が曲がっていながらも、絶妙にバランシング。一つひとつ手作りなので、曲がり具合も凹み具合も、世界にひとつだけ。カメレオン俳優が生んだ、「違和感」のある江戸ガラスカメレオン俳優が生んだ、「違和感」のある江戸ガラスカメレオン俳優が生んだ、「違和感」のある江戸ガラス
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会