体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NO MORE MUSIC Issue : SAVE ME feat. ボーイスカウト日本連盟

NeoL_No More Music_SaveMe1_Photography : Takuya Nagata | Styling : Masako Ogura | Hair&Make Up : Katsuyoshi Kojima | Edit : Ryoko Kuwahara | Model : Leo&Keito

OKAMOTO’Sのニューアルバム『NO MORE MUSIC』発売を祝して、NeoLでは収録曲10タイトルにインスパイアされた10記事とイメージヴィジュアルを1ヶ月にわたって随時掲載していく。第9回目は“SAVE ME”をテーマに、ボーイスカウト日本連盟の広報・石井琢磨がフェスなどでも応用できる野外での体調管理、トラブル処置法を教示。

——夏はフェスやキャンプなど野外に行く機会が増えるので、デイリーにも使えるアウトドアでの体調管理法などを教えていただけますか。

石井「まず基本中の基本として、汗をかいて出てしまった塩分と水分をこまめに補うことですね。最近よく販売されている経口補水液などはオススメです。また、服装ですが、フェスではバンドTシャツなどを着る方も多いと思うのですが、コットンは肌触りは良い反面、汗をかくとなかなか乾かず蒸れてしまい、熱中症になりやすいんです。汗を素早く蒸発させてくれるドライフィット仕様のアンダーウェアなどを着ていると、身体を多少ドライに保てると思います。同じく足が濡れっぱなしというのも致命的なので、防水のものがいいですね。熱中症というのは、身体の中の温度が上昇してなるものなので、風通しを良くするのが大切なんです」

——既に熱中症になってしまったり、なりかけている場合には?

石井「血液の温度を下げるために、首と脇の下と足の付け根を冷やすこと。日陰に逃げて、暑くないところで冷やすようにしてください。帽子をかぶったり、保冷剤を首元に巻くのも有効です」

——野外は虫も多いですが、その対処法はありますか。

石井「簡単にできることとしては、暑いので難しいとは思いますが、あまり肌を露出しないこと。草むらの中にマダニがいたり、地面に生息している虫が多いので、長ズボンで、なるべくなら靴下も長いものがいいです。虫は山中のきれいな水まわりにはブヨ(関西ではブトと呼ばれる)がすごく多くて、刺されるとすごく腫れてしまうのですが、ブヨには虫除けスプレーが効かないんです。ブヨ対策としては、薬局で売っているハッカ油を水で薄めて直接肌につけると寄ってきづらくなります。ただハッカ油はブヨにしか効かないので、蚊などには虫除けスプレーと併用してください。ほかには、蜂は黒いものに寄って来やすいので、なるべく明るい色を着るのもいいですね。よく頭を刺されたという話を聞きますが、それは髪が黒いからなんですよ。もし蜂の巣を発見したら、騒いでしまうと敵だと思って襲ってくるので、静かにしゃがんで下がっていくこと。蜂の目線はあまり広くないので、しゃがんで、目線から消えるようにするんです。
虫などに刺されてしまった場合、ステロイドが入った薬だとかゆみがおさまりやすいのですが、体質に合う合わないもあるので確認して使ってください。ブヨや毛虫が刺したときは、最初の応急処置としては、例えばガムテープやセロハンテープで剥がしてあげること。こすると深く刺さってしまので、注意してください。蜂の場合は、アナフィラキシーショックもあるので、必ず病院に行ってくださいね。毒は、体に回らないうちに、いかに早期に吸い出すかが鍵なのでポイズン・リムーバーはぜひ持っておいてほしいもののひとつです。千円くらいでアウトドアショップなどで売ってるものなんですが、病院に行く前の応急処置として、こういうのを1個持って行くのはとても大切なことだと思います。口で吸い出したら回ってしまうので、必ずこうした機器を使用してください。
野外では誰も守ってくれないんです。もしかしたら携帯の電波が届かなくて救急車も呼べない環境かもしれないので、虫さされの薬やポイズン・リムーバーなど、簡単なキットを持つことは自分の身を守る最低限の術だと思います」

NeoL_NO MORE MUSIC_SaveMe2_Photography : Takuya Nagata | Styling : Masako Ogura | Hair&Make Up : Katsuyoshi Kojima | Edit : Ryoko Kuwahara | Model : Leo&Keito
1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。