ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

建築模型をデジタルで投影!世界初の3Dホログラムテーブルは2018年に発売予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
都市や建物の完成予想図を表現する建築模型は、この分野になくてはならないもの。従来は、アナログ式に人の手で作ってきたが、ここにもついにITによる変革が。ホログラムで簡単にデザインモデルを投影できる、革新的なテーブルが登場した。

・世界初のマルチユーザーホログラムテーブル

開発元は、オーストラリアのEuclideon Holographics社。20年以上の歳月をかけて、世界初となるマルチユーザーホログラムテーブルを完成させた。

投影されるホログラムは、最大60cm。都市や建物のデジタルモデルをミニチュアとして表示しつつ、自由にズームインすることもできる。オブジェクトをピックアップして移動したり、ホログラフィックプレゼンテーションを作成して、アイデアを伝えることも可能だ。

・発売は来年の予定

主幹のシステムには、Unlimited Detailと呼ばれる3Dアルゴリズムを採用。デザイン図面、ポイントクラウドデータ、ポリゴンモデル、レーザースキャン、写真測量など、ほぼすべての3Dソースから、モデルを読み込めるようになっている。鑑賞の際は、軽量ガラス製のサングラスを着用。かさばるVR用のヘッドセットを使わずに済むのも、本システムの大きな特長だ。

活用範囲は、幅広い。建築はもちろん、博物館の出品展示やラージ・アセット・マネジメント、鉱業のためのライブデータマッピングなど、あらゆる場面で利用できる。販売価格は、5万~6万ドル(約55万円~66万円)。発売は、2018年を予定している。

Euclideon Multi-User Hologram Table

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。