体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「トマトジュース」と「焼肉のタレ」で個性派つけダレ!筋肉料理人の「豚しゃぶつけ麺」

f:id:kinniku39:20170822134905j:plain

こんにちは~、筋肉料理人です!

九州人の私ですが、今年の夏は暑かった!!! 例年にない暑さが厳しかったです。関東の方は雨続きで暑くなかったそうですが、それでも夏ともなれば冷たい料理を食べたくなるのが人情……。きょうの料理はさっぱりとした冷たい麺ですが、うま味たっぷりのつけダレとトッピングでスタミナ補給もバッチリできます。

それと、冷たい料理ばかり食べているとおなかの調子が心配になりますが、これも大丈夫! 麺つゆにある食材を混ぜることでおなかの調子を整えます。

筋肉料理人の「豚しゃぶトマトつけ麺」

【材料】1人分

豚しゃぶ肉 100g 中華生麺 1玉 もやし 1/2袋 にら 1/4束 ミニトマト 6個 玉ねぎ 1/4個 納豆 1パック 日本酒 大さじ2 ラー油 お好みで

(A) 無塩トマトジュース 1/2カップ 3倍濃縮麺つゆ、焼肉のタレ 各大さじ2

作り方

f:id:kinniku39:20170822151008j:plain

1. つけダレを作ります。玉ねぎをみじん切りにして(A)と混ぜ合わせておきます。

※トマトジュースに焼肉のタレと麺つゆを混ぜることで、奥深いうま味を加えます。混ぜて冷蔵庫に入れ、しばらくなじませておくとおいしくなります。

f:id:kinniku39:20170822134945j:plain

2. にらは3~4cmに切ります。ミニトマトはヘタを取り、先の方に十字に切れ目を入れます。

f:id:kinniku39:20170822134943j:plain

3. 鍋にたっぷりの湯を沸かします。まずは切れ目を入れたミニトマトを10秒ほど湯につけ、冷水で冷まします。皮がめくれているので、はがしておきます。

※ミニトマトは湯剥きすることで食感が良くなり、甘味を感じやすくなります。

f:id:kinniku39:20170822134933j:plain

4. 同じ湯に日本酒を入れて沸騰を止めます。ここに豚しゃぶ肉を1枚づつ入れて色が変わるまでしゃぶしゃぶし、室温の水につけて冷まします。冷めたらザルにあげて水切りします。

f:id:kinniku39:20170822134938j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。