体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

氷結を高級感あるお酒に大変身させる「氷結×冷凍フルーツ」試してみた

氷結を高級感あるお酒に大変身させる「氷結×冷凍フルーツ」試してみた

暑い日にはアイスで速攻体を冷やしてすっきりしたい人が多いと思いますが、さらにお酒で気分よくなりたいなんて贅沢なことを思っている人だってかなりいますよね!?

先日発売された清野とおるさんの『ゴハンスキー』3巻(扶桑社)にも遂に登場してしまった、アイスボックスに氷結を入れながら飲むという禁断の飲んだくれスイーツ。
それが今年の夏、爆発的に流行中なんですよ!!ネット上でも7月頃から話題になりあちこちで「試してみた!」のレポートがあがっています。

がしかし、氷結好きの間では更に美味しさを高める飲み方として「冷凍フルーツ」を入れるのも人気があるそうです。というわけで、今回は氷結ファンおすすめの飲み方を試してみました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

■氷結×冷凍フルーツ

氷結ファン大絶賛の「冷凍フルーツ」入りの飲み方。冷凍フルーツは同じくおすすめしていたセブンイレブンで売られているものを使用しました。

氷結はシチリア産レモン味とグレープフルーツ味を用意しました。入れると若干薄く感じることもあるので、人によってはストロングがおすすめです。余談ですが、氷結ファンの話によるとストロングは大体のコンビニに置かれているそうですが、唯一セブンイレブンだけ置いてないことが多いそうです。あってもレモンとグレープフルーツ味以外になるのだとか。

そしてこのどちらの味も、アイスボックス・グレープフルーツ味との相性はばっちり。カップを開けてそのまま氷結を注いだら、甘味がぐぐっと増えてジュース感覚でスルスル飲めてしまいます。

今回満を持して試してみた冷凍フルーツですがシチリア産レモン味との相性が良いようでした。グレープフルーツ味とは……好みがあるかなという感じです。
ミックスベリーはお酒にベリーの味が溶けて、高級感が滲み出たお酒に大変身。液体もうっすらピンクになって、お、お洒落……! パインのほうは、味が控えめに溶けましたが、さっぱりして美味しかったですよ。


■さらなる禁断の楽しみ方

さらに禁断の楽しみ方をご紹介してしまうと、アイスボックスに冷凍フルーツをぶち込んで氷結を注ぐと贅沢極まりないものに進化してしまうのです。

アイスボックスの甘味と冷凍フルーツのさっぱりとした果実味が……もう、ハマらずにはいられない!!

友人と語らいながら飲んでもよし、買って帰って一人で静かに美味しさを堪能してもよしですよ!

(大路実歩子 / 画像・編集部撮影)

関連記事リンク(外部サイト)

ブルボン『ルマンドアイス』東海4県で9月11日にいよいよ販売開始!
警視庁が紹介した「水でカップ麺作り」にカップ焼そば系の商品で挑戦
これまた箸が止まらない…「無限ピーマン<洋風バージョン>」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。