体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミスタードーナツ、カラフル野菜ドーナツをタニタと共同開発


ミスタードーナツでは、タニタと共同開発した“カラフルな野菜ドーナツ”「ベジポップ」を、8月25日(金)より期間限定で販売中だ。


「ベジポップ」のラインナップは、単品の「いちごとトマト」「りんごとにんじん」「パインとほうれんそう」各81円(税込)3種と、その3つがセットになった「ベジポップ 3個入り」216円(税込)[好きなベジポップを3個選ぶことも可能]。

「ベジポップ」は、「最高においしい商品・価値」や「わくわくする気持ち」を提供する “misdo meets”をテーマにした商品開発の第4弾商品。健康づくりには“からだの健康”と“こころの健康”のバランスが重要であり、「“こころの健康”づくりには適量のおやつも必要」というタニタの考えと、ミスタードーナツで展開をしている「からだに にじゅうまる」の商品開発のコンセプトが一致したことにより実現したという。

今回は“野菜”をテーマとし、生地は赤・黄・緑それぞれの色にあった“野菜”のパウダーを練りこみ、サンドするクリームは、豆乳ホイップにそれぞれの色に合った“野菜”と“フルーツ”を使用。クリームにフルーツをバランスよく入れることで、野菜を食べやすくした。

商品サイズは、「1個食べるには罪悪感があるがドーナツが食べたい」という人のため、通常のドーナツに比べて小さい、直径約5cmとなっている。


また、「ベジポップ 3個入り」のセットメニューも登場。「グリーンスムージー」とのセット「タニタ監修 おやつセット」、「野菜を食べるミネストローネ」または「小柱と野菜のクリームチャウダー」とのセット「タニタ監修 スープセット」各500円(税込)も用意。

ダイエットはしなくちゃだけど、ドーナツは食べたい!という人は、ぜひ「ベジポップ」を選んでみて!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。