体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ひとくち餃子”で有名な「点天」は、かつてカウンターだけの小さなお店だった【大阪定番】

“ひとくち餃子”で有名な「点天」は、かつてカウンターだけの小さなお店だった【大阪定番】 f:id:Meshi2_IB:20170801210301j:plain

点天の「ひとくち餃子」は大阪土産の代表格である。

私はもっぱら自分へのお土産に買って食べているが、サクサクっとした皮とニラの効いたあんのバランスがすごく独特でクセになる。20個が1人前の目安として売られているのだが、「今日は100個いける!」といつも思う。

ギッシリとあんが詰まったボリュームたっぷりの餃子ももちろん好きなのだが、点天の餃子はそれとは違い、食べ応えも非常に軽く、おつまみとしての機能性が高い。ビールのお供としてこの上ない餃子だ。

点天の餃子の顔である青い包装紙には「大阪北新地 点天」と書いてある。北新地か……。調べてみると北新地は点天の創業の地らしいが、現在、点天は飲食店を運営しておらず、百貨店や通販で冷蔵の生餃子を販売する専門店となっている。

「昔は北新地でお店をやっていたのかな」

「それが今の形になったのはどうしてだったんだろう」

など、点天に対するクエスチョンがじわじわと沸き起こってきた。点天のことを何も知らなかった自分に私は気づいたのだ。

というわけで、大阪市此花区にある株式会社点天の本社にお邪魔し、名物「ひとくち餃子」について詳しく聞いてきた。

こだわりは当日製造当日販売

お話を聞かせてくれたのは株式会社点天・総務部の長谷川尚大さん。

f:id:Meshi2_IB:20170711094125j:plain

── 点天の「ひとくち餃子」の包装紙には「大阪北新地」と書かれていますが、創業の地が北新地なんですか?

「はい。1977年、ちょうど今から40年前に北新地でお店を出したのが始まりです。7~8席ほどのカウンターだけのお店で、焼き餃子だけを出すお店として営業していました。

その焼き餃子がお客様に好評で、特に北新地という場所柄(高級なクラブや飲食店が立ち並ぶ)、東京からいらっしゃる業界関係者の方々なども多く、そういったお客様の『この餃子をどうしてもお土産に持って帰りたい』という声にお応えして、折り箱に入れて、青地の白抜きの紙袋で持ち帰っていただいたり、北新地内10分以内にお届けしますというのがスタートなんです」

── その頃から今のようなひとくちサイズの餃子だったんですか?

「そうです。あの辺りは飲み屋さんも多いので、お酒の合間に気軽に食べられるようなものをと、それでひとくちサイズのものになりました。また、北新地で働く女性の方々にも、上品に食べられるというので好評でした。北新地には他にも餃子を出すお店がたくさんあるんですが、同じような理由でひとくちサイズの餃子が多いんですよ」

── なるほど、北新地という場所ゆえに生まれた形なんですね。それから「点天の餃子をお土産に持ち帰りたい!」というリクエストが徐々に広がっていった、と。

「おかげさまでそういう声をたくさんいただいて、それこそまだ冷蔵の宅配サービスがない頃から、保冷剤をたくさん入れてなんとか工夫して、全国の人たちにおいしい餃子を食べてもらうために発送していました。お土産としての需要が大変大きかったんです。

そしてそれを食べた方がまた、他の誰かにも食べさせたいと、そういう風に広がっていったと社長よりうかがっています。北新地の店舗も2010年までは営業していたんですが、時代の変化にあわせて町の様子も変わってきたということで、そちらは閉めることになりました」

── 北新地のお店でも食べてみたかったです! そして現在は百貨店や駅などでの販売とオンラインでの販売を専門に行っているわけですね。月並みですが、餃子を作る上で一番のこだわりというと何でしょうか?

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。