体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テイラー・スウィフトの新曲、リリース初日に約20万DLを記録 初週で50万回突破の予想

テイラー・スウィフトの新曲、リリース初日に約20万DLを記録 初週で50万回突破の予想

 テイラー・スウィフトのニュー・シングル「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」が、発売1日目に驚異的な勢いでダウンロードされ、このまま行けば最初の1週間で50万回を記録するのではないかと予測されている。

 ニールセン・ミュージックによると、2017年8月24日(現地時間)にリリースされたこの楽曲は、翌日の時点で米国だけで既に約20万回ダウンロードされている。この数字を分かりやすく説明すると、2月16日までの1週間に20万回ダウンロードされたエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」以来、1週間でこれだけ売れた楽曲はここ6か月間出ていない。シーランの楽曲の場合は2月12日の【グラミー賞】でのパフォーマンスが追い風になって売れ行きが伸びた。

 テイラーの新曲は余裕で9月16日付米ビルボード・デジタル・ソング・チャート1位を獲得するとみられ(8月31日までの週が反映される)、彼女にとって12曲目のNo. 1となりそうだ。業界関係者はこの楽曲が初週に50万ダウンロードを達成するのではと予測しており、そうなれば発売1週目に111万回、2週目(2015年11月5日までの週)に653,000回のダウンロードを記録したアデルの「ハロー」以来の売れ行きとなる。

 「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」はエアプレイのポイントだけで9月9日付米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”に初登場するとみられており、翌9月16日付チャートではエアプレイ、セールス、ストリーミングのポイントの合算で上位に食い込んでくることが予想されている。

 「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」は2017年11月10日にリリースされるテイラー・スウィフトの6thスタジオ・アルバム『レプュテーション』からの先行シングル。前作『1989』からは「シェイク・イット・オフ」が先行シングルとしてリリースされ、初週に544,000ダウンロードを記録した(2014年8月24までの週)。

関連記事リンク(外部サイト)

テイラー・スウィフト、新曲「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」のMV公開
良い意味で裏切られた!? テイラー・スウィフト、待望の新曲はダークなエレクトロ・ダンス・ポップ・チューン(Song Review)
テイラー・スウィフト、新曲「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。