体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都「茶三楽」の絶品抹茶エスプーマかき氷は1時間待ってでも食べたい

f:id:mesitsu_lc:20170806011057j:plain

抹茶エスプーマかき氷を求めて、京都・嵐山へ

日本茶専門店が作る、夏季限定の抹茶エスプーマかき氷が、1時間待ってでも食べたい絶品と聞いて、京都は嵐山までやってまいりました。こんにちは、メシ通レポーターの西尾明彦です。

f:id:mesitsu_lc:20170806011033j:plain

阪急嵐山駅からお店に向かうと、途中に有名な渡月橋があります。

f:id:mesitsu_lc:20170806011028j:plain

嵐山のメイン通りから天龍寺の前の通りを進むとすぐにありました、「日本茶茶房 茶三楽」です。

f:id:mesitsu_lc:20170806001903j:plain

店内は入ってすぐにテーブル席とカウンター。

f:id:mesitsu_lc:20170806001952j:plain

奥はお座敷になっています。

f:id:mesitsu_lc:20170806013637j:plain

本格的な茶室もあります。

「京都の夏は暑いので、夏場に日本茶をどう楽しんでいただくか、昨年9月にオープンした時からずっと考えていました。その答えが、しっかりと日本茶を味わっていただくかき氷です」と、日本茶アドバイザーの池田寛樹さん。

かき氷は清少納言の「枕草子」に「あてなるもの(上品なもの)」として登場する、由緒ある、日本独自の食べ物だったそうです。

「日本茶を楽しむかき氷は、東京・下北沢の人気店『しもきた茶苑大山』の店主、日本に13人しかいない茶師十段の大山泰成さん直伝です。抹茶エスプーマの創始者の門外不出の作り方を、特別に伝授していただきました」

f:id:mesitsu_lc:20170806001758j:plain

まずは器に氷を盛っていきます。

「氷の状態や温度は、毎日違うんです。刃の角度を調整しながら作るので、1杯作るのに5分くらいかかるんですよ……。多い日には60杯以上、1日中かき氷をつくっています」と、本来はお茶のプロ、日本茶アドバイザーですが、夏場は終日かき氷職人の池田さん。

f:id:mesitsu_lc:20170806001801j:plain

食感を損なわないよう、ふんわりと形を整えて、シロップをかけると……

f:id:mesitsu_lc:20170806001807j:plain

泡々の抹茶エスプーマを全体にかけていきます。

f:id:mesitsu_lc:20170806001813j:plain

最後に、より風味が感じられるよう、全体に抹茶を振りかけます。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。