ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

宅建資格を持つ芸人が断言「お寺の近くの物件を買え!」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
宅建資格を持つ芸人が断言「お寺の近くの物件を買え!」

今回お話をうかがったのは、サンミュージック所属のお笑い芸人「ケンキ」さん。実はお買い得な物件、その理由とは!?

2017070909-1

「僕は『宅建(宅地建物取引士)』という資格を持っているので、不動産にはちょっと詳しいんです。不動産用語で『心理的瑕疵物件』というのがあるんです。瑕疵は「傷」という意味なので、要するに『心理的に問題のある物件』ということです。例えば、近所にお墓やお寺がある物件のことです。嫌がる人が多いので、その分値段も安かったりするんです。ただ、実は、お寺の近くってオススメなんです。

 

昔から、お寺というのはいい場所に建てられるものなんです。何百年も続いているお寺もあるわけじゃないですか。昔からずっと残っているというだけでも、地盤がいいことの証明になっていますよね。神社も同じです。安くて地盤が安定しているので、神社とかお寺の近くの物件は『買い』なんです。

 

逆に、オススメできないのはやっぱり『事故物件』ですね。賃貸の場合、その部屋で誰かが亡くなってから、間に1人を挟むと、人が亡くなったことを告知する義務がなくなるんです。だから、その物件を借りた人が、あとからその事実を知って驚く、なんてことが起こったりするんです。不動産屋としては部屋を貸したいですから、黙っていてOKなら黙っているものなんです。では、どうやって確かめればいいのかということなんですけど、そのマンションの管理組合に聞くのが一番いいですね。言わないといけないっていう義務はないんですけど、だいたい教えてくれますよ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。