体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福井県の新ブランド米『いちほまれ』お披露目!道端アンジェリカ、ゴールドのドレスで登場

福井県の新しいブランド米『いちほまれ』のロゴ・パッケージ発表会と試食会が、8月24日にホテル椿山荘東京 ホテル棟1階「ボールルーム」にて開催され、西川一誠 福井県知事をはじめ、『いちほまれ』のロゴ・パッケージをデザイン担当したアートディレクターの副田高行氏や、福井県出身でモデルの道端アンジェリカさんなどが登壇しました。

 
※左から)道端さん、副田高行氏、西川福井県知事

 

『いちほまれ』は“コシヒカリ発祥の地”福井県が、「コシヒカリ」を超える新たな水稲品種の開発を目標に、福井県農業試験場に「ポストコシヒカリ開発部」を新設し、技術の粋を込めて開発した新しいブランド米。

 


料理王国 2017-06-10 発売号
Fujisan.co.jpより

生産関係者の「日本一美味しい誉れ高きお米」になってほしいという思いから『いちほまれ』と命名され、今年の4月19日に福井県のブランド米として発表されました。

 
※素晴らしいお米である証の“ゴールド”に、自然・地球を表す“まるいロゴ”

 

『いちほまれ』のパッケージデザインについてに西川知事は、「コシヒカリの伝統を継ぎ、50年、100年後も皆様に愛されるお米であることを目指している。パッケージは奇をてらうことなく、中身にあったデザインに仕上がったと思う」と感想を述べ、自然・分化・歴史に恵まれ、コシヒカリを発明した福井県、そして幸福度日本一の福井県から、満を持して発売するのにふさわしいお米であるとコメントしました。

 

 

福井県出身の道端アンジェリカさんは、「友人には、とにかく福井県は食べ物がおいしい。水がおしいからお酒もおいしいと“ご飯”自慢をしてきた。また一つ、福井県から自慢できる食べ物が登場し、全国の皆さんにお届けできることが嬉しいです」とコメント。

 

当日は『いちほまれ』のパッケージにあわせて、ゴールドのドレスを着て登場した道端さんですが、その見事なプロポーションつくりのために、しっかりご飯を食べ、水泳やエアロバイク、ジョギングで燃焼させているそう。「空腹を我慢しても結局は間食してしまいダイエットにならない。適度にご飯をたべて、運動することでリバウンドも防げると思う」と体型維持についての極意を語りました。

 

 

また、記者からお付き合いしている男性について聞かれると「一般人なので…」とコメントを控えたものの「(彼には)お米を使ったメニューを振舞いたい」と話し「福井県の美味しいものを食べさせてあげたいですね」とこたえました。

 

9月23日より地域限定発売

『いちほまれ』の稲刈りは9月12日前後から始まる予定で、現在、131件の生産者が栽培を行っており9月には600tの収穫を予定しています。

 

販売日は2017年9月23日の秋分の日から、福井県内と首都圏で試験販売を予定しており、9月23日には六本木ヒルズ内において販売記念イベントを開催予定だそうです。

 

関連記事リンク(外部サイト)

『年越しそば』だけじゃない。地域によってちがう驚きの【年越〇〇】?!
今はマンガが料理本?料理をメインとしたマンガが人気の理由
新しいクリスピーサンド『キャラメルクラシック』を渋谷で10,000 個配布!溝端淳平がキャラメル王子に
恋人同士にオススメ!海外旅行で行きたい愛と運命の強力パワースポット
夏が来る前にビーチコーミングデビュー!貝殻拾いブームがくる!? 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。