ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フォーリミ、昔は歌声が好きじゃなかった?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フォーリミ、昔は歌声が好きじゃなかった?
J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「ENTERAINMENT LUNCHBOX」。8月26日(土)のオンエアでは、04 Limited SazabysのGENさん(Vo/Ba)とKOUHEIさん(Dr)をゲストにお迎えして、ニューシングルの「Squall」についてお話を伺いました。

いよいよ8月30日(水)にリリースされる1年半ぶりの新作「Squall」。ラジオやCMですでにチェックした方も多いと思いますが、曲の印象について「とにかくGENさんの声の存在感は相変わらず!」と渡辺。一度聴いたら忘れられない印象的な声を持つGENさん。「昔から声は高かったと思いますね。変わった声だなぁとずっと思ってました。自分でも『変なの』って(笑)」

GENさんは昔から歌うのが好きだったそうで、ご両親ともよくカラオケに行っていたそう。「歌うの自体はずっと好きだったんですけど、高校生、大学生くらいになったときに友だちとカラオケで歌ってたら、友だちがすごい誉めてくれるわけですよ。『おまえは本当にいい声だ』みたいな」とGENさん。

しかし、そんなGENさんの声に「最初はそんなに好きじゃなかったですけどね…」とはっきり言うKOUHEIさん(笑)。「歌い方もちょっと違ったんですよね。昔はもうちょっと男らしく歌おうとしてた部分があって、GENくん自身に。ただ、声とか歌詞とかと向き合いはじめてから、どんどんオリジナリティが出てきて。今では好きな声に」と少し照れながら話していました。

「Squall」はライブでも盛り上がりそうな疾走感溢れる曲となっています。「僕らは本当にライブを一番活動の軸としていて、ライフワークのようにずっとやっているので、やっぱりライブを意識せざるを得ないというか。曲を作るときも、“こういう場面で、こういう曲が欲しいな”とかそういうところから作ることが多いので、やっぱり今回もライブのことは意識しますね」(GENさん)と語ってくれました。

KOUHEIさんは、今回は、良い意味で『新しいこと』に挑戦はしていないと言います。「僕らが今までやってきたことを研ぎ澄ましてやったって感じなんですけど。強いていうなら、今まで出してきた曲と、まったく同じような構成だったりとか、リズムだったりっていうのは、ところどころしないようにしていますね」と、細かいこだわりを語ってくれました。今まで聴いてきた方は、その進化を感じられるのではないでしょうか。

番組では毎回、ゲストのみなさんに「東京の好きなところ」をお聞きしているのですが、お二人にも教えていただきました。

名古屋から上京してちょうど1年くらいというお二人ですが、「東京来てから思ったのが、やっぱり人が本当に魅力的だなぁ、と思ったんですよ。東京にいる人ってもともとそこに住んでらっしゃる方もいらっしゃいますけど、なんか目的があって東京に来ている方が多いので、自分のやりことをやるために生きてる人がすごく多くて、すごい素敵だなぁと思います」とGENさん。

一方、KOUHEIさんは東京の“メリハリ感”が好きだと話します。「東京ってなんでもあるじゃないですか。なんでもあるってイメージだと、ちょっとガチャガチャしてるイメージなんですけど、静かな公園がちゃんとあったりとか、ちゃんと緑がある。そのメリハリ感がすごくいいなぁみたいな」とのこと。特に東京で迎えた初めての春では、桜の多さに二人ともとても驚いたそう。東京生活が長い人にとっては、あまり気付かない新鮮な目で東京の魅力を教えてくださいました。

04 Limited Sazabysは、J-WAVEの平日深夜2時からの番組「THE KINGS PLACE」の水曜ナビゲーターとしても活躍中です。メンバーのトークや新曲もたっぷり聴ける放送なので、ぜひチェックしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。