体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHiCO with HoneyWorksがツアーファイナルで 来春に初の日本武道館公演開催を発表

CHiCO with HoneyWorksが8月26日(土)に日比谷野外大音楽堂にて行なった、夏の全国ツアー・ファイナル公演で来春3月16日(金)に初の日本武道館ワンマンライブの開催を発表した。
武道館告知ステージ写真 (okmusic UP's)

7月30日(日)福岡 BEAT STATIONを皮切りに、全国9箇所をまわった真夏の2ndライブハウス・ツアー『i LiVE you』の千秋楽。初となる日比谷野外音楽堂でのワンマンライブは、サブタイトルに「ナツのシナリオ」と銘打ち、ツアー・ファイナルを飾るにふさわしい特別な一夜となった。

ステージにチコハニバンドが登場すると自然と拍手が発生し、「ウルフ」のイントロでCHiCOが現れた瞬間、この日を心待ちにしたオーディエンスからの大歓声で迎えられた。立て続けに「identity」とスタートから攻めの選曲で、それに負けじとオーディエンスも拳を上げる。

「今日はスペシャルなライブにしたいと思うので楽しんでいってください!」(CHiCO)

その後も「ラズベリー*モンスター」「ハートの主張」とアッパーチューンが続き、客席が赤やピンクのライトで鮮やかに染まった。CHiCOが一旦ステージを後にすると、チコハニバンドのAtsuyuK!(Dr)、Hiroki169(Ba)、中西(Gt)、事務員G(Key)、そしてバンマスのOji(Gt)がそれぞれソロパートで繋いでいくジャムセッションで魅せる。客席のボルテージが上がってきたところで、スペシャルライブならではのコラボコーナーがスタートした。

そして、再びCHiCOがステージに登場した瞬間、客席の誰もが感激の声をあげた。なんと最新シングル「ツインズ」のジャケット写真に描かれているCHiCOが着ている、真っ赤なダリアの髪飾りとあの浴衣姿で現れたからだ。

「次はスペシャルゲストコーナーです!早速呼んでみましょう、halca!」(CHiCO)

CHiCOの呼び込みで登場したのは、第1回「ウタカツ!」オーディションで準グランプリに輝いた新鋭女性ボーカリストhalca。ターコイズブルーの帯が映えるカラフルな浴衣でステージに華を添えた。今回のライブハウス・ツアーで8公演のオープニングアクトを務めた彼女と共に、HoneyWorksのカバー曲「可愛くなりたい。」で初コラボを叶えた。

「もう一人スペシャルなゲストが!」と続けざまにCHiCOがステージに招き入れたのは、爽やかなエメラルドグリーンの浴衣に身を包んだ大人気女性ボーカリストsana。通称“チコサナ”と呼ばれ、ライブでコラボをする度に客席から大歓声が巻き起こるこの2人が披露したのは、こちらもHoneyWorksのカバー曲の「大嫌いなはずだった。」、そしてチコサナの掛け合いと疾走感が気持ちいいロックなアッパーチューン「ロデオ」。会場の蒸し暑さを吹き飛ばすかのようなお祭り騒ぎとなった。

チコサナのほっこりトークが繰り広げられる中、2人が向かった先は、客席中央に設けられたサブステージ。360°オーディエンスに囲まれた中で披露したのは、サビの可愛らしい振り付けが印象的な「これ青春アンダースタンド」、そして夏祭りでの恋模様を描いた大人気楽曲「東京サマーセッション」。“夏休みの野外ライブ、浴衣姿で歌うチコサナ”という夢のようなコラボが実現した。

その後もチコハニの勢いは止まらない。最新シングル「ツインズ」では、CHiCOが赤いタンバリンを片手に軽やかにステップを踏みながら、可愛らしく歌い上げる。同曲のカップリングの「ラブホイッスル」。この曲は、今回のツアーグッズの“特製ラブホイッスル”を使ってオーディエンスも演奏に参加できるという、まさに“みんなでつくるライブ”が体感できる一曲だ。

ライブも中盤に差し掛かり、気づけば空は夕暮れ時。汗ばんだ身体をクールダウンさせるCHiCO with HoneyWorksのバラード、通称“チコバラ”のコーナーへ。壮大なラブソング「Love Letter」、ハニワのカバーナンバー「ママ」をしっとりと歌い上げた。

夢のような時間もラストスパートへ突入する頃、「なんと…まだゲストを呼んでいるんです!」ろCHiCO。まさかの展開に歓喜の声が上がる中、颯爽とステージに現れたのは、大人気男性ロック・アニソンシンガーGero。ハニワの大人気楽曲「金曜日のおはよう」を熱唱。2人に合わせてオーディエンスも手を大きく振り、会場全体が揺れた。

大きな歓声でGeroを送り出したその後も、コール&レスポンスが定番となっているキラーチューン「イノコリ先生」、「カヌレ」、「恋色に咲け」と、勢いは留まることを知らない。「ホーリーフラッグ」ではCHiCOがダンサーとともに客席を練り歩き、たくさんの“ミニホーリーフラッグ”が空を彩った。本編ラストは、大ヒット曲「アイのシナリオ」で会場一体となった最高のパフォーマンスを見せ、大歓声の中ステージを後にした。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。