体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元彼との出会いはデーティングアプリ。アクターのスマホの中身

スマートフォン。もう、それなくしては生きられないほど必須のガジェット。

その中身には、持ち主のリアルな生活がつまっています。

今回は、ブロードウェイを目指しながら、ダンスやボーカルのインストラクターとして活躍している男性のスマホの中身をのぞいてみました。

NY在住アクターのスマホの中身

20170827_smartphone2.jpg

Jee Heng Liao(リャオ・チーハン)さん
職業:アクター、シンガー、ダンサー、ダンス&ボイスインストラクター
ニューヨーク在住歴:3年

台北の大学を卒業後、1年の兵役を終えて渡米。マンハッタンの専門学校ではシアターダンスを学んだチーハンさん。

台湾でもすでにミュージカル『エニシング・ゴース』など数々の大きなショーで活躍していたものの、ニューヨークに拠点を移したのは「チャレンジすることが好きだから」。

20170827_smartphone3.jpg

ピンと背筋を伸ばし、いかにも舞台人といった所作が清々しい彼のスマホの中身は…。

──いちばん使うアプリは?

Jee H Liaoさん(@jeeliao)がシェアした投稿 – 2017 6月 8 10:24午後 PDT

Instagramかな。1年前に初めてアカウントを作りました。

でもその後、お付き合いしていた人と別れてしまって…。彼との関係を断ち切るためにも心機一転、元のアカウントを消して新しいアカウントを半年前に作成しました。ふたつめの方はビジネス用として使っています。

元彼とは、デーティングアプリを通じて知り合いました。アメリカでは一般的で、ほとんどの友だちが使っています。忙しくても出会いがほしい人には合理的だし、初めて会う際は、公園やカフェなど人がいる場所を選べば危険なこともないようです。

人気なのは「Tinder」ですが、Facebookと連動してしまうので僕はあまり好きじゃないです…。「OkCupid Dating(オーケーキューピッド デーティング)」も人気ですね。あと、ゲイの人たちに特化しているのは「Jack’d(ジャックト)」。

20170827_smartphone4.jpg

好きなタイプは、夜に公演があったりする僕の特殊なスケジュールを理解して受け入れてくれる人。あとはスポーツやアウトドアが好きな人。

ハドソン川でのカヤックや、アップステートでのハイキング、セントラルパークを散歩したあとに国立自然史博物館に行く…なんてデートが理想です。

──Facebookはどんな頻度でチェック?

移動中や洗濯をしているときなど、1日に3回くらい。新しいキャスティングなどアクターに必要な情報もFacebookでチェックしています。

20170827_smartphone5.jpg

最近、印象的だったのは、「Tasty Vegetarian」の投稿。ボディビルダー向けの1週間分のヴィーガンレシピが掲載されていました。

僕は料理が得意で、台湾料理とイタリアンをミックスしたパスタをよく作ります。パスタには日本のめんつゆを使うことも…。いろいろな味を探求しています。

──ホームスクリーンはどんな画像にしてる?

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。