体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

軽カスタムは枯山水!? スチャダラパーBoseがリフトアップ専門店に潜入

▲小さくたっていろんなカスタムができる。これぞ日本ならではのセンス!

▲小さくたっていろんなカスタムができる。これぞ日本ならではのセンス!

軽リフトアップがジワジワきてます!

1990年のデビュー以来、日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパー。中古車マニアでもあるMC、Boseが『カーセンサーnet』を見て触手が動いたDEEPでUNDERGROUNDな中古車を実際にお店まで見に行く不定期連載!

編集部:Boseさん、今回お邪魔したのは軽自動車のカスタムショップですね。Boseさんはカスタムも好きなんですか?

Bose:カスタムカー系の雑誌が好きでね。結構パラパラ見ているのよ。とくに軽自動車のカスタムが面白くてさ。例えばアメリカならサイズ的な制約がないから、自由にいろいろな発想でカスタムしていたりするでしょう。でも日本、とくに軽自動車は限られたサイズの中で表現しなきゃいけない。だから発想力がすごいんだよ。バイクのホンダ モンキーやミニ四駆なんかも同じだけど、「枯山水」に通じるものを感じるんだよね。

▲ホンダ モンキーもいろいろなアプローチでカスタムを楽しむ人が多い。軽カスタムはこの流れに通じるものが

▲ホンダ モンキーもいろいろなアプローチでカスタムを楽しむ人が多い。軽カスタムはこの流れに通じるものが

編集部:枯山水、ですか。軽カスタムに面白さは感じるけれど、そこまで考えたことはなかったです。

Bose:ローダウンも、リフトアップも、軽カスタムは日本独特の文化だし、たぶん日本人じゃないと育てられなかった文化だと思うな。だから外国人が見てビビるんだよ。

▲Car House ATHLETEの稲葉さん。「うちは国内でもかなり早い段階から現在のアゲ系カスタムを手がけていました」

▲Car House ATHLETEの稲葉さん。「うちは国内でもかなり早い段階から現在のアゲ系カスタムを手がけていました」

Car House ATHLETE 稲葉さん(以下、稲葉):Boseさん、いらっしゃいませ。軽カスタムを絶賛してもらって嬉しいです。

Bose:今日はよろしくお願いします。軽のリフトアップ、おもしろいと思って注目しているんですよ。

稲葉:うちがリフトアップを始めたのは6年ほど前です。そこからいろいろ試行錯誤して、今のスタイルにたどり着いたんですよね。狙っているのはL.A.などの西海岸や、マイアミなど東海岸のようなイメージです。

Bose:過去に日本でもリフトアップが流行ったときはオフロードのイメージが強かったよね。でも社長が狙っているのは都会のオンロードだ。

稲葉:そうです。オフロードは軽自動車だとジムニーのイメージが強くなりますが、僕はあっちはあまり好きじゃなくて。

Bose:一口に軽カスタムといっても、いろいろな方向性があるからね。せっかくなので、こちらのお店の車を見せてください!

リフトアップで雰囲気が激変! このノリ、絶対にアリだよ!

▲「ハスラーは素もかわいいけれど、いじることでより楽しい車になると思う」とBoseさん

▲「ハスラーは素もかわいいけれど、いじることでより楽しい車になると思う」とBoseさん

Bose:ハスラーは雰囲気がかわいいから老若男女、ファンが多いよね。こういうカスタムも似合うな。

稲葉:ハスラーが登場したのは2014年1月ですが、これを境にカスタム業界の雰囲気はガラッと変わりました。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。