体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう髪型で失敗しない!?自分に合ったヘアスタイルを探せるAR搭載型ミラーがダブリンで展開中

髪型を変えたい!そう思っていても、なかなか踏み切れない人は多いはず。スタイリストに希望を伝えたり、写真を持ち込んでも、仕上がりが100パーセントイメージ通りになるとは言い切れない。失敗してしまえば、あとの祭り。落ち込みながら数か月を過ごす、なんていうことになりかねない。

そんな不安を解消してくれるのが、ダブリンのポップアップストアLynxで展開中の「Magic Mirror」。拡張現実ミラーを通して、自分にぴったりのヘアスタイルを探せるという、画期的なシステムだ。

・顔認識技術でさまざまな角度からヘアスタイルをチェック

「Magic Mirror」を使えば、これまでにない大胆な髪型にトライすることができる。利用の手順は、次のとおり。まず、顧客がスマホやタブレットなどの端末から、「Magic Mirror」に接続し、好みのスタイルを設定する。デバイスには、アイルランド国内で流行っている6種類のヘアカットのデータを保存。顧客はそこから、ベースとなる髪型を選択する。

ここからは、「Magic Mirror」に搭載された顔認識技術の出番。複数の角度からユーザーの顔を捉え、その姿をミラーに映し出す。さまざまな方角から確認するため、顧客はより明確にスタイルを把握することができる。ベースが決まったら、スタイリストがデバイス上にアレンジを加える。最終的に決まった髪型で、カットに入るという流れだ。

・市場導入は未定!?

顧客とスタイリスト、双方にとってメリット大の本システム。季節ごとに違ったヘアスタイルにするのも、これなら夢じゃない。ポップアップストアは、ひとまず8月で終了。広告代理店による実験的な試みだったらしく、その後の展開は未定だ。日本の美容院にも導入してほしい、と願うばかり。

Magic Mirror

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。