体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初孫フィーバー!過干渉気味な母と不信感を抱く夫の間に板挟みになった私

f:id:akasuguope01:20170224152206j:plain

私には妹と酷く変わり者の母が居ます。女三人で仲良くも、時々この母に頭を抱えるような感じで暮してきました。

私が妊娠、結婚となった時にこの母が初孫フィーバーを発動!まぁ、それでも母親なので私とお腹の子の事を思っての行動ではあるんですが、とにかく周りが見えずに突っ走る!勝手に自分で決めてそれが良いと思いつっぱしられてしまいました!!

まず、私はデキ婚です。

主人と私はまだ実家住まいだったので、主人の会社の社宅が決まるまでそのまま実家に住み、数か月ではありますがその間貯金しよう!となりました。

これは母の発案で、主人はそれを飲む形になりました。もちろん母は悪阻が出だした私の為に全力サポートする気満々です!ですが、吐くのが怖い私は飲みこんでまで我慢していました。

夜中も突然くる吐き気に飛び上がって起きるも、絶対に吐かないようにのたうちまわりながら我慢です。今思えば笑えてくるような態勢でとにかく吐き気が引くのを待つ!

そんなことをくり返しながら朝を迎え、ゲッソリしながら会社に出勤し、また吐き気を堪えながら電車、バスに揺られ帰宅する私を気づかってくれていました。

でもバテる暇も無く入籍日も迫り、母子手帳を受け取りに行かねばならず、でも社宅の見学があるのでなかなか行けないというバタバタな毎日。しかし、入籍前日に母がついでだからと勝手に母子手帳を受取りにいってしまいました。

母の事だから、楽しみすぎて自分が先に受取りに行きたかったんでしょう・・・。

また、それを勝手に主人に電話で報告しようとしました。しかも主人の仕事中に。

この一連の流れに主人は少し怒りながら「お前は誰と結婚するのか?母親とするのか?」と私に言いました。私は過干渉気味な母と、それに不信感を抱く主人の間に挟まれてしまいました。 関連記事:2人目はマタニティブルーにならないと思ってたのに…。実母の気まぐれに翻弄され涙

そんな中妊娠8ヶ月に仕事を退職し、やっと社宅へ引っ越しました。

しかし、社宅に行くも初孫フォーバーの母は勝手にベビーグッズを買い込みます。うちは母子家庭で、その上離婚したあと亡くなった父が勝手に作った借金があったりであまり裕福な家ではありません。私も妹も居なくなった今、そんな無駄遣いをする余裕などないのです。

現に先に結婚していった妹、そして私もいなくなったあとの実家は、家賃が払えていない状態でした。元から少し金遣いが荒い一面もあったので、どんどん買い込む母に何度も「いらないから」「やめて」と言い続けていました。

そんな母です。安産祈願は何をしでかすかわからないので、母を連れて行かず主人と二人だけで行きました。ですが出産は実家近くの産院なので、出産間近になって再び実家へ里返り。しかし、予定日を過ぎても中々陣痛がきませんでした。

早く孫を見たい母は「まだか」「歩け」とプレッシャーをかけてきます。私もどんどん周囲の期待に焦りだして、それがストレスになっていきました。耐えられなくて、主人には弱音を吐いて慰めてもらっていました。

まぁでも焦っていてもその時は突然くるものです。とうとう前駆陣痛がきました。でも前駆陣痛は3日間も続いたのです。それも日に日に痛みは増していって、とくに夜中に一気にくるので3日間殆ど眠れません。

やっと4日目に本陣痛がきてとうとう来たかとなった時、フィーバーした母は突然妹に電話しだして「もうすぐ産まれるから病院においで!」と興奮しながら言いだしました。痛過ぎてしゃがみこむ私に「周りの人間が動き出すと事が進みだす」とわけのわからない持論を言いだすし、そんな母に主人も「こんな時に…呼ぶな!」と怒りを抑えながら言いだす始末。(それどころじゃないんだよ!寝てないんだよ!もう、あんた達の間に何で私が挟まれて気をつかわなきゃいけないんだよー!)

私は内心修羅場です。1人で修羅場です!そうしたら泣けてきてしまいました。さすがに、泣きだす私に母も大人しくなってくれました。やっとついた産院では、助産師さんに色々質問されても何故か張り切って母が答える。 関連記事:私の赤ちゃんを取らないで! 親身に手助けしてくれる義母や旦那への、この感情は何?

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。