体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昭和の炭酸砂糖水味にほっこりするオリジナルレシピ『三ツ矢サイダー NIPPON』。現行品と比較検証!

日本生まれの炭酸飲料・サイダーの原点となるのが、昭和10年頃に発売された「三ツ矢シャンペンサイダー」を前身に持つ「三ツ矢サイダー」。何と今年で134歳になる古株どころではない老舗炭酸ドリンクだ。もちろん大方の飲料同様、時代とともに味も変わったが、今回限定発売となる『三ツ矢サイダー NIPPON』は昭和初期の味わいを再現した懐かしの味。現行「三ツ矢サイダー」と比較しつつ、楽しんでみる。

海外に行って「サイダー」と注文するとお酒が来てしまう!?

 

そもそもサイダーの語源はciderなのだが、これがイギリスではリンゴ酒をさす言葉。日本にそうしたリンゴ酒が入って来たときに、苦肉の策としてフランス風の発音で”シードル”と呼ぶことにしたという過去がある。日本のほかでは韓国くらいしか、こうした炭酸入りの甘いノンアルコールドリンクをサイダーとしか呼ばないので、ほぼ日本オリジナルといっても過言ではない存在だ。

ルックスもイケメンな赤いボトル。三本の矢モチーフのロゴもより大きくデザインされている。

 

そんな「三ツ矢サイダー」だが、134歳ともなるといろいろ昔とは変わっている。昭和に青春時代を送った人ならば、久々に飲んで、そのいつの間にかの味の変化に衝撃を受けた人も多いだろう。

デザインに何となくオリンピック感がある。

 

そんな古き良き時代の味わいを復活させてくれたのが昭和初期レシピに沿って作られたアサヒ飲料『三ツ矢サイダー NIPPON』(500ml・希望小売価格 税抜140円・2017年8月8日発売)。瓶ではなくてボトル缶というところは新しいルックスだが、パッケージが赤いところがかっこいい。グリーン・イメージの現行品とは明らかに印象が違う。

 

 

そもそも記者はペットボトル入りのサイダーがあまり好きではない。炭酸をギリっと味わいたいタイプの人間なので硬質・厚手の素材を使っていても、缶素材にはかなわないと日頃から思っている。その点比較した現行品はすでにペットボトルなので不利ということを書いておきたい。

 

 

原材料名を比較してみるとわかるのだが、現行「三ツ矢サイダー」(500ml・希望小売価格 税抜140円・発売中)は先頭に「砂糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)」と書いてある一方、『三ツ矢サイダー NIPPON』は「砂糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)」となっているのが違い。成分の含有量の多い順に表記しなければならないという決まりがあるので、ここがはっきりとした違いだ。

ちなみに砂糖はいいとして、果糖ぶどう糖液糖というのは安価に大量生産可能で砂糖よりも甘みが強く炭酸飲料のほとんどに使われている現在のスタンダード甘味料。甘みが強すぎて単独で使われることは少なく、中和のための酸味料がほとんどの場合入ってくるのが特徴。

 

 

その違いは後味。砂糖は飲んだ後に特有の味を残す。これが”べタッとしている”と表現されることもある砂糖の特徴。一方果糖ぶどう糖液糖は酸味料とバランスをとると、すっきりしているけど甘いという味わいを実現できる。飲んだ感じでは砂糖の方が太りそうな味わいで、果糖ぶどう糖液糖の方が影響がなさそうなフィーリングなのだが、むしろ果糖ぶどう糖液糖の方がむしろ吸収が早く、血糖値を上げやすいので注意。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。