体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その8

【TABIZINE自由研究部】調べる、考える、まとめる、伝える。
夏休みの自由研究のように、心惹かれることについて、じっくり調べてみる。考えて、試行錯誤し、また考えて、まとめて、発表する。TABIZINEにもそんな場がほしいと思い【TABIZINE自由研究部】を発足しました。部員ライターそれぞれが興味あるテーマについて自由に不定期連載します。

今回は、TABIZINEライター、坂本正敬の自由研究「地元の町に外国人観光客を集める方法」をお届けいたします。

今までは、自分の町に外国人観光客を呼び込む方法を学んできました。まずは核となる文化財と、その文化財を取り巻く周辺の暮らしを貫くようなテーマを探る。そのテーマから物語を作って、町全体で観光客を喜ばせる仕組みを作るという流れを学んできました。

さらには呼び込みたいお客さんを具体的に思い浮かべて、その人たちが喜んでくれるような町の魅力の高め方、情報の発信の仕方を学びました。そうした作業を一緒に仲間と行うための場所づくりも重要だとも知りましたね。

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その8
そこで今回は一流の講師陣の講義をオンラインで受けられるgaccoの「文化財を活用した観光拠点形成」をテキストに、実際に多くの外国人観光客を呼び寄せる長野県の妻籠宿を、成功例の1つとして見ていきたいと思います。

 

朽ち果てた宿場町が今では国の重要伝統建造物群保存地区に!

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その8

長野県の南西部、岐阜県に抜ける街道に妻籠(つまご)宿という場所があります。住所的には長野県木曽郡南木曽町。木曽山脈の西側で、かつては江戸と京都を結ぶ中山道の山深い宿場町として栄えたそうですが、鉄道と自動車の登場で一気に衰退した歴史を持ちます。

お世辞にも現在の基準で言えば交通の便がいいとは言えない場所ですが、この宿場町に今たくさんの欧米人が集まっているとご存知でしたか?

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その8
(C)南木曽町観光協会

上述のオンライン講座では、公益財団法人妻籠を愛する会の常務理事である藤原義則さんが講師の1人として講義を受け持ってくれています。

藤原さんによれば同部落は朽ち果てた家並みがあるだけの状態から、国の定める重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定され、今では江戸時代風の日本を感じられる場所として、多くの欧米人が押し寄せる観光地へと変ぼうを遂げた歴史があるそう。

ちょっと勇気づけられる話ですよね。

 

議論できる場所づくりは妻籠でも行われてきた

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その8

毎日が外国旅行気分!?TABIZINE自由研究部【地元の町に外国人観光客を集める方法】その8
もともと焚き木にしかならないと言われた、朽ち果てた家並みが残るだけの部落を、「何とかしよう」と地元住民が立ち上がったところから、今の発展があるのだとか。

「妻籠を愛する会」を部落内の一角で立ち上げ、住民や行政、学者と連携をして、町のあり方を議論してきたみたいですね。

今までの自由研究では、自分の町に外国人観光客を呼び込むためのスタートとして、志を共にする仲間で気軽に集まれる場所を作るといいと学んできました。まさにその場づくりを、妻籠でもしていたようです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。