体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【祝】埼玉のおふろcaféで、はじめて音楽フェスが行われた日ーーOTOTOYライヴレポ

【祝】埼玉のおふろcaféで、はじめて音楽フェスが行われた日ーーOTOTOYライヴレポ

8月26日、おふろcafé utatane(埼玉県さいたま市)にて、音楽フェス〈おふろcafé MUSIC SHOWER〉が開催された。

このフェスは、埼玉県でおふろcaféを運営する株式会社温泉道場と、同じく埼玉のレーベル・kilk reocordsが運営するライヴハウス「ヒソミネ」がタッグを組み、26日と27日の2日間にわたり開催されている初の試み。

26日は、おふろcafé utataneを舞台に、ヒソミネが厳選したアーティスト7組が出演。青木ロビン(downy,zezeco)、成山剛(sleepy.ab)、櫻井響、エンヤサン、小原綾斗(Tempalay)、marucoporoporoが登場し、約30分ずつライヴを行なった。また、松本誠治がDJとして出演。転換DJ含め、クロージングDJまで心地いい音楽を鳴らし続けた。

本記事では、8月26日に開催された同フェスの様子をレポートする。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

▪️初めての音楽フェスが開幕!

おふろcafé utataneは、お風呂に入るだけでなく、漫画を読みながらくつろぎにくる人、家のソファのようにゴロゴロしている人、友達やカップルでのんびり時間を過ごす人など、1人から家族連れまで老若男女が訪れる憩いの場となっている。

そんな場所で音楽フェスを開催することになったのは、「おふろcafé utatane」副支配人・新谷竹朗さんが音楽フェスに行ったとき、お酒を飲みながら芝生に寝っ転がって音楽を楽しんでいたことがきっかけだったという。

たしかに、おふろcafé utataneにはリラックスして横になっている人が多い。とはいえ、あくまで音楽フェスは音楽を聴きにきたお客さんたちがメイン。それに対して今回のイベントには音楽を聴きにきた人は圧倒的に少ない。そうしたなか、どのような化学反応が生まれるのか。そこが注目ポイントとなった。

▪️ フェス前半ーー櫻井響、marucoporoporo、エンヤサン登場

土曜日ということもあり、たくさんのお客さんが集い、各々がリラックスした時間を過ごすなか、フェス開演時間の20時になると、副支配人・新谷竹朗さんがこの日のためにスペースをとったステージに立ち、マイクを持ち挨拶をする。

「ゆっくり楽しんでいってください」

そんな言葉とともに一番手として櫻井響が登場。ヒューマンビートボックスとはなにかを丁寧にサンプリングとともに説明し、お手本を見せながらわかりやすく音を奏でていく櫻井。声だけを使って波の音を作ってみたり、ジャズのスタンダード楽曲「All Blues」を歌うなど、小さな子供も興味深そうに眺める瞬間が見て取れた。初めてその音楽に触れる人たちにも興味を持ってもらうための試みがありつつ、音楽好きにも刺さるパフォーマンスは流石であった。

松本誠治による10分のDJを挟み、2番手として登場したのはmarucoporoporo。アーティスト画像を見るとバンドを想像するが、1人の女性シンガー・ソングライターである。「30分ノンストップでやるので」と小さくつぶやき、アコースティックギターで歌い出すと、オルタナティヴなフォーキーなサウンドで少し低い声のブルージーな英語詞が乗っていく。アシッド・フォークさながらのドープな歌声には新たな才能の息吹が感じられた。凛とした芯のある空間が特異な磁場を生んだ瞬間だった。

続けて、エンヤサンが登場。ヴォーカルを務める兄、Y-クルーズ・エンヤとギター・トラックメイクを務める弟、Jr.TEAからなる実の兄弟ユニット。10月25日には新アルバム『大メインクライマックス』が術ノ穴よりリリースされる。いつものライヴ会場と雰囲気が違うこともあり、Y-クルーズ・エンヤは瓶ビールを飲みながら少し赤い顔。「リラックスしよう」といいつつ、「いつも通りやっている」と宣言し、パフォーマンスを披露していく。ビートトラックとエレキギターのサウンドが心地よく会場に鳴り響いた。

▪️フェス後半ーー小原綾斗、青木ロビン、成山剛、登場

スタートから約2時間経った22時頃に登場したのは、注目の3ピース・ロック・バンド、Tempalayのギター・ヴォーカル、小原綾斗。この日はアコースティック・ギター1本での弾き語りを行なった。久しぶりの弾き語りということもあり、ステージをみつめるお客さんの数も多い。バンドではサイケデリックなサウンドも、弾き語りでは楽曲の骨格部分が鮮明になる。そのシンプルなサウンドと小原のヴォーカルはやはりどこかサイケデリックで、脳内トリップしたような感触を受けた。8月30日リリースの2ndアルバム『from JAPAN2』から新曲を披露するなど充実の30分間だった。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。