体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【本気で怖い怪談】とあるダムのロケからずっと…

エンタメ

【本気で怖い怪談】とあるダムのロケからずっと…
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(木曜担当ナビゲーター:渡辺直美)。今週は「夏の終わりの超常現象SP!」と題したスペシャル企画をお送りしています。8月24日(木)のオンエアのテーマは心霊編ということで、手相占いや怪談でおなじみのお笑い芸人・島田秀平さんと、事故物件で幽霊と暮らす“心霊アイドル”のりゅうあさんをお迎えしました。

「事故物件に住んでるってクレイジーすぎるでしょ?」と、りゅうあさんにツッコまずにはいられない渡辺。もう2年ほど住んでいるそうで、「すごいハッピーに(幽霊と)ワイワイやらせていただいてます」とりゅうあさん。しかも最初は1人だった幽霊なのですが、りゅうあさんが自宅で降霊術をやりまくったおかげで、4人に増えたそう…。

りゅうあさんを含めると5人で生活しているそうなのですが、部屋の広さは6畳。幽霊同士も会話しているらしく、「『あいつムカつくから消していい?』とか、幽霊同士でやってて。で、私が『ダメダメ!』って言うと、私に向かって『殺す』とか言ってくる」と笑って話すりゅうあさん。かなりクレイジーです(笑)。

りゅうあさんの住んでいる部屋は、“キャンペーン中”という触れ込みで、人気の駅から徒歩3分という好条件にも関わらず、家賃が相場の半額以下だったのだとか。その部屋はお風呂場だけリニューアルされていたそうなのですが…。

「最初、キャンペーン中ってことで見に行ったんです。キッチンから入って左側にトイレとかがあって、右側に6畳の部屋があるんですよ。その部屋の奥にさらにドアがあって、『そのドア、何ですか?』って不動産屋さんに聞いたら、『ここはお風呂です』って開けてくれたんですけど、そこに35歳くらいの青白い顔をした男性がこっちを睨んで立ってたので…ここに住もうって決めた」(りゅうあさん)

これには全員から「なんで!?」と一斉にツッコミが入りました(笑)。しかし島田さんいわく、幽霊を気にしない人からすると、事故物件はかなり家賃が安いため、逆に人気になるパターンもあるそう。以前、千葉県に「バス・トイレ・幽霊付き」という完全に開き直った触れ込みで貸し出したところ、20倍の倍率になったのだとか。普通の感覚では信じられないモノ好きもいるのですね…。

芸人ではカズレーザーさんが、かつて安いという理由で事故物件に住んでいたそうです。

そして島田秀平さんには「ガチヤバな怪談」を語っていただきました。それは心霊スポットに行って、怪談話をするという番組のロケでのこと。「有名な心霊スポットのダムがあるんですけど、以前、女性がダムに落ちてしまった。で、ダムって掴む場所がないので、もがいてそのまま溺れて亡くなってしまったという、非常に悲しい場所だったんですけど」(島田さん)

その撮影の休憩中、島田さんのマネージャーさんが「今日、こういう仕事をしてます」というのをFacebookにアップしたいからと、写真を撮ったそう。それをすぐにアップすると夜中にも関わらずたくさんのコメントが来ました。その中に「え! ちょっと! こんな時間に心霊写真あげないでくださいよ」というコメントが。

「えー! と思って。見返してもわからないんですよね。その後も『心霊写真怖い』『心霊写真やめて』っていっぱい書いてある。で、よーく見てみると、『島田の左肩に女の顔が見える』とか『島田の左側で女性が睨んでて怖い』とか、みんな同じこと書いているんですよ」(島田さん)

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会