体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自宅で、出先で、BBQで……爽快最強ハイボールのつくりかた

 

「これまでのイメージを覆す、あっといわせるハイボールが試せるから来てみて」

 

そういわれて向かった現場は、東京・表参道の TOKYO Whisky Library(東京ウイスキーライブラリー)。ウイスキー好きが唸る「1000種の世界のウイスキーが並ぶ日本トップクラスの品ぞろえを誇るバーラウンジ」で、ハイボールのイメージを一変させる体験会が開かれた。

 

 

「爽快で最強なハイボール」のつくりかたを伝授してくれたのは、同店のバーテンダー、小田健吾氏。バーテンダー歴7年という新鋭が、「プファー、うんめーっ」と唸らせる最強ハイボールの入れ方を教えてくれた。 大勢の新聞記者、グルメライター、評論家などが注目するなか、用意されたのは、炭酸水を自分でつくる機材「ソーダストリーム」と「シーバスリーガル 12年」(40度)、それにロックアイス(氷)。

 

「まず、ウイスキーはマイナス40度にならないと凍らないという特徴があるから、冷凍庫に入れてキンキンに冷やしておくことがポイント」

 

小田バーテンダーは、冷凍庫で冷やしておいたウイスキーをグラスに30mLほど注ぎ、冷蔵庫で冷やしておいた5度ほどの水に炭酸を加え、「ここでふたつめのポイント」とひと言。

 

 

「炭酸水をグラスに注ぐときにちょっと注意。炭酸水を氷にあてないこと。炭酸水が氷にあたると、ガスがその瞬間にぬけてしまい、せっかくの強めの炭酸も、弱くなっちゃう。だから、グラスの内側にあてるように炭酸水を注ぐこと。そしてマドラーで混ぜるときも、クルッと一回ほど。あまりかき混ぜないように」

 

ソーダストリームで好みの炭酸強度にして、キンキンに冷えたウイスキーが入るグラスに、やさしく注ぐ……。それだけで、「やばっ、マジうまい」。若い女子編集者が思わずもらしたひと言だった。 「ソーダストリームのような炭酸水マシンは、炭酸の強度を自分でアレンジできるところがいい。炭酸が弱いと思ったら、あとから炭酸を追加できるのも便利」(小田バーテンダー)

 

今回、最強ハイボールづくりで使った炭酸水マシンは、ソーダストリームが9月4日から発売する最新モデル「Spirit 」(スピリット)。シリーズ最小設置サイズのスリムなデザインで、より丸みを帯びたボディが印象的。

 

 

「キッチンでもリビングでも、キャンプ場やバーベキュー現場でもぴったり。持ち運びもラク。何より、ビン・カン・ペットボトルなどのゴミが出ないし、500mLの炭酸水が約18円でつくれるというリーズナブルなところもウケている」 この日は、ソーダストリームのアンバサダーを務める俳優・岡幸二郎も出席。

 

彼は「一番イイのは、新鮮な炭酸がスグに飲めるところ。電気を使わなくていいし、海や山に持っていって、そこに湧き出る水などで炭酸水もつくれちゃうのもイイよね」とコメント。好みの炭酸強度で割って「うーまいっ」と叫んでいた。 TOKYO Whisky Library では、9月4日まで炭酸の強さを好みに注文できる「Drink Highball with SodaStream」を実施。

 

イケメンバーテンダーが「微炭酸で」「めちゃめちゃ強いの」といったワガママを聞いてくれるという。自分の口にぴったりなハイボールを知るならば「表参道へ行け」だ。dancyu(ダンチュウ)
Fujisan.co.jpより

関連記事リンク(外部サイト)

ブラジルで独自の進化を果たした!噂の「すき家」に行ってみた!
防災から手ぶらBBQまで!今、知っておきたい都内公園
【注意!】キャンプ、BBQで「死」へと招くやりがちな危険な行い
草食男子よ“御朱印ガール”に続け!男もハマるパワースポット巡りの魅力
【圧倒的な大自然】世界三大瀑布“イグアスーの滝”に行って気づいたこと

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。