体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

渋谷でコーヒー談義をしたら、意外な展開になってしまった。

渋谷でコーヒー談義をしたら、意外な展開になってしまった。

奥渋にある「Camelback Sandwich&Espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたりが織りなす、絶妙なコンビネーションが話題のお店です。

じつは鈴木さんと私は、お互いコーヒーの世界に飛び込むずっと前…2002年からの友人。まったくコーヒーに関係のない仕事をしていた2人が、今コーヒーの世界をどう見ているかを、ダラダラと話してみました。

「きっかけは明大前のスタバ」

渋谷でコーヒー談義をしたら、意外な展開になってしまった。

ーー なんだか変な感じだけど、今日はよろしくお願いします。そもそも最初に会ったのは、私が大学生でシアトルに交換留学へ行ったときに友達になった子と日本に帰って来てからも仲良くしていて、その子の幼馴染だったのがけいちゃん(鈴木さん)っていう繋がりだよね。

「うん、僕も最初会ったときはコーヒーとは全然関係のないサラリーマンをやっていて、商社で営業してたもんね。僕はもともとコーヒー飲まないほうだったからね」

ーー そうなの? 私もその頃飲まなかったから、誰がよくコーヒーを飲んでるかとか気にしたことなくて。なのに、今ふたりともこの状態っていうね(笑)。あのさ、今日も外国人のお客さんがたくさん来るけど、どうしてだろ?

「最初はTimeOutにちらっと載せてもらったのと、あとは周りに大使館が4つくらいあるから、自然と外国の方が多いエリアなんだと思う。あとはAirbnbのポイントもあって、1週間ごとにスーツケースを持って歩いている外国人が入れ替わっているかな。彼らが滞在中に毎日来てくれて、だいたい1週間ごとに常連さんが変わる(笑)。それでその人たちが紹介してくれたって言いながら、またその友だちが来てくれたりするよ」渋谷でコーヒー談義をしたら、意外な展開になってしまった。

ーー この奥渋谷って、フラッと歩いててCamelbackをたまたま見つけて入ってくる人は多いのかな? インスタのハッシュタグで見ると、韓国の人がめちゃくちゃここに来てるなと思って。フラッとじゃなくて、きっと目指してきてるよね?

「韓国の人ってSNS依存率が高いから、それをもとに行動してくれているんだと思う。韓国、香港、台湾の人が多いかな。なかでも韓国の人は圧倒的に多いけどね」

ーー こうやって外国の人もたくさん来るカフェになったわけだけど、けいちゃんがお店を持ちたいって思ったきっかけって何?

「全部話すとちょっと長くなるんだけど、27〜28歳のころフラフラしててお金なくなって働かなきゃいけなくなって、パタゴニアで働き始めて。そこで社員にならないかって言われたタイミングがあったんだけど、よくコーヒーを飲みに行ってた『Streamer』からも働いてみない?って声かけてもらって。こっちのほうが面白そうかも、って思ったんだよね」渋谷でコーヒー談義をしたら、意外な展開になってしまった。

ーー あの頃って、まだStreamerくらいしかなかったよね。アメリカの友だちから「東京行くんだけど、シアトルみたいなコーヒーが飲めるのってどこ?」ってよく聞かれて、いつもStreamerって答えてた。

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会