体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アテネのおすすめ観光スポット14選

アテネのおすすめ観光スポット14選

今回は「世界最古の都市の一つ」で有名なギリシャのアテネについてご紹介したいと思います。

*編集部追記
2017年8月に公開された記事に新たに4ヶ所を追加しました。(2017/10/20)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

アテネに行ってみての感想

photo by pixta

私がアテネを訪れたのは夏で、気温が暑く日差しも強かったのでサングラスが必須でした。アテネは世界で最も古い都市の一つであり、約3,400年という長い歴史があります。

そんなアテネを訪れるとあって、やはり一番興味があったのは遺跡や博物館でした。夏だったので観光客も多く、特にアクロポリス美術館とアクロポリスは人気でした。

 

歴史ある遺跡も素晴らしいですが、ギリシャはご飯もおいしいです!ギリシャでは食堂は「タベルナ」と言うそうですが、日本人が聞くと「食べるな」と勘違いしてしまいますね。

ギリシャ版グラタン・ムサカやグリーク・サラダ、ケフテスというミートボールなど、日本人の口に合う料理がたくさんあるので、ぜひいろいろ試してみてください。

 

観光する際のアドバイス

photo by pixta

アテネの治安ですが、残念ながらあまり良いとは言えません。実際に行けば思っていたより悪くないと感じるかもしれませんが、スリや置き引きなどは多いので注意が必要です。

物価はあまり高くなく、西ヨーロッパと比較すればかなりリーズナブルな旅ができるでしょう。安いレストランなら、5ユーロほどでパスタが食べられます。

 

おすすめのベストスポット

photo by pixta

私がおすすめするのは、教科書にも登場するパルテノン神殿です。ギリシャのシンボルともいえるアクロポリスの丘にそびえるパルテノン神殿は、アテネ観光の目玉として外せません。

アクロポリスの神殿群の中でも特に存在感があるパルテノン神殿。アテネの守神アテナイ神を祀っている場所で、重厚なドーリア式の建築が素晴らしいです。実際目の前にすると、その迫力に圧倒されます。
他におすすめの記事はこちらです
ギリシャ旅行でおすすめの観光スポット16選
ギリシャの代表的な料理&スイーツ25選

 

はじめに

🇯🇵takaco.☻BKK🇹🇭さん(@takaco.c0419)がシェアした投稿 – 2017 6月 21 4:21午前 PDT

アテネってどんな場所?

ギリシャの首都アテネ。ここは世界で最も古い都市の一つとして知られ、西洋文明の元になった思想や哲学、建築術や彫刻などの芸術に優れていた街でした。

アテネは有名な哲学者や教育者、そして芸術家などの人材を輩出した地域ですが、これらのほとんどは紀元前4-5世紀のアテネの文化や民主政治などによるもので、ギリシャ神話の影響力なしには成立しなかったものと思います。

ギリシャ神話の都アテネには尽きない魅力があるのかもしれません。
■詳細情報
・名称:ギリシャ共和国
・所在:Athina, Greece
・成田からのアクセス:成田空港(NRT)→アテネ国際空港(ATH)
※会社によって乗り継ぎする国が違います。
・公式サイトURL:http://www.cityofathens.gr/

 

1.ギリシャ神話の世界「アテナイのアクロポリス」

photo by shutterstock

アテネのアクロポリスは古代都市国家ポリスのシンボルで知られる世界遺産。ギリシャの神々をまつわるこの小高い丘は石灰岩で出来ていて、高さが70メートル、回りが800メートルのところどころに多くの神殿が立ち並ぶとても貴重な観光スポットです。

アテネのアクロポリスには有名なパルテノン神殿をはじめ、アテネ神殿、ディオニューソス劇場、アテナイ音楽堂などの多くの見所があり、この丘にたどり着くまでは10分ほど坂道をのぼっていくそうです。
■詳細情報
・名称:アテネのアクロポリス
・住所:Theorias 20, Athina, Greece 10555
・営業時間:夏期 8:00~20:00/冬期 8:00~17:00
・定休日:なし
・料金:12ユーロ (共通チケット)/※冬期 (11/1~3/31)の第1日曜日は入場無料

 

2.アクロポリス博物館

photo by shutterstock

アクロポリス博物館はアテネのアクロポリスから出土した多くの発掘品を収蔵・展示するための施設。ここにはアテーナー神殿などのアクロポリスの丘の上のあった建築物を飾る彫像や、パルテノン神殿にあった大理石の像などを見ることが出来ます。

この博物館の目玉は通称エルギン・マーブルと呼ばれるパルテノン彫刻のための展示スペースで、実は本物はイギリスにあるとのこと。ギリシャ市民のパルテノン神殿にかける熱い思いが伝わる内容になっているようです。
■詳細情報
・名称:アクロポリス博物館(Acropolis Museum)
・住所:Dionysiou Areopagitou 15, Athina 117 42 ギリシャ
・営業時間:月曜日 8:00~16:00
火~木、土、日曜日 8:00~20:00
金曜日 8:00~22:00
※11~3月は開館時間が短縮
・定休日:なし
・電話番号:+30 21 0900 0900
・料金:5ユーロ
・公式サイトURL:http://www.theacropolismuseum.gr/

 

3.パルテノン神殿

photo by shutterstock

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。