体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏の終わりのノスタルジア。ブルックリン「コニー・アイランド」【現地ルポ】

夏の終わりのノスタルジア ブルックリン コニー・アイランド
夏になるのを楽しみに待っていたのに、ニューヨークの夏が終わるのは、なんて早いのでしょう。夏が行って欲しくなくて、終わってしまうのが寂しくて。夏の終わりは、いつも切ないですよね。

夢で見たような景色

夏の終わりのノスタルジア ブルックリン コニー・アイランド
庶民のニューヨーカーが大好きな、レトロ感満載のブルックリン コニー・アイランド。マンハッタンのミッドタウンから、地下鉄に揺られて小1時間ほど。ブルックリンの最南端にあるコニー・アイランドは、ビーチがあって、遊園地があって、海岸線に沿ってボードウォークがあります。いつか夢で見たような懐かしさ。不思議さと怪しさがほんのり漂う、異次元の世界。

ネイサンズなしにコニー・アイランドは語れない

夏の終わりのノスタルジア ブルックリン コニー・アイランド
コニー・アイランドといえば、ネイサンズ(Nathan‘s)。あちこちにチェーン店展開しているけれど、コニー・アイランドの本店は雰囲気があります。地下鉄で揺られた終点駅を降りて目の前。お腹が空いたところに、ホットドッグが誘惑します。独立記念日(7月4日)には、ホットドッグの大食い大会が行われますよ。

夏の終わりのノスタルジア ブルックリン コニー・アイランド
ちょっとしょっぱめのソーセージを挟んであるホットドッグにはマスタードをたっぷり、チーズとベーコンをどっさりのせたフレンチフライ(ポテトフライ)。お腹を満たさなきゃ、目一杯遊べません。

夏の終わりのノスタルジア ブルックリン コニー・アイランド
Coney Island – Stillwell Avenue駅前の本店と、ボードウォーク沿いの2店舗あります。夏はいずれも長蛇の列で、ホットドッグにありつくのに苦労しますよ。

コニー・アイランド本店(CONEY ISLAND NATHAN’S FAMOUS)
1310 Surf Ave
Brooklyn, NY 11224

ボードウォーク店(BOARDWALK NATHAN’S FAMOUS)
Boardwalk
1205 Boardwalk
Brooklyn, NY 11224

[Nathan‘s  https://nathansfamous.com]

次はコニー・アイランドのインスタ映えしそうなスポットです。

インスタ用に使えるグラフィティ

夏の終わりのノスタルジア ブルックリン コニー・アイランド
インスタなどのSNS対応用グラフィティ。コニー・アイランド上陸の記念にどうぞ。

夏の終わりのノスタルジア ブルックリン コニー・アイランド
人気のグラフィティは、なかなか人がどいてくれません(苦笑)。

庶民にダントツ人気のビーチ

夏の終わりのノスタルジア ブルックリン コニー・アイランド
世界の皆さまが想像するオシャレなニューヨークとは程遠い、イモ洗いの庶民ビーチ。夏は、タイムズスクエアと変わらないくらいの混みようです。ビーチの海水は冷たく、想像通りそれほど綺麗ではありません。庶民的でないビーチを求める方は、有料のLong beachやJones beachに行きますね。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。