体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カタール航空で行く!女子がときめく中東&ヨーロッパ三ヵ国よくばり旅

カタール航空で行く!女子がときめく中東&ヨーロッパ三ヵ国よくばり旅

こんにちは。トラベルフォトライターの田島知華こと、たじはるです!

田島 知華(Haruka Tajima)

1991年福岡県生まれ。東京都在住。TAJIHARU(たじはる)名義でも活動。著書『旅ガール、地球3周分のときめき』(廣済堂出版)
「旅人」「フォトグラファー」「ライター」全てを一人で担う新しい職業、「トラベルフォトライター」としてオリジナリティのある記事を様々な媒体で発信。旅行会社のパンフレット撮影やオリジナルツアー企画なども監修する。全国各地でイベントに登壇するほか、雑誌、ラジオ、テレビなどのメディアにも多数出演。

旅先では主にカラフルな場所を好み、探し歩く。また、世界の珍しいホテルに泊まること、砂漠めぐり、階段を撮るのが好き。「世界をカラフルに切り取る」をテーマに撮影したインスタグラムの写真は旅好き女子の注目を集める。

 

先日、人生初のカタール航空に乗って中東&ヨーロッパを女一人旅してきました。
カタール航空と言えば、その年の世界のベストエアラインを決める「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に4回も選ばれている素晴らしい航空会社。周りからも良い評判しか聞いたことがなかったので、ずっと気になっていたカタール航空に乗れるとあってワクワクドキドキ。

 

初めてのカタール航空に搭乗!

今回はまず羽田空港からドーハへ。

7月1日より運行が始まった最新機材A350に乗れるとあって一人興奮!実は飛行機があまり得意ではないのですが(旅人なのに)機材の情報を調べたり、初めてのエアラインや機材にはテンションが上がるというマニアックな面を持ち合わせています(笑)

▲配列は3−3−3。

他の機材に比べても広い!A350の座席頭上の荷物入れには、搭乗者全員がキャリーケースを1個ずつ収納できるスペースがあるんです。


▲機内エンターテイメント

なんと3,000チャンネル以上と充実していて最新映画もたくさん!(今まで乗った飛行機の中で一番作品の種類が多かったかも…)
A350の窓のシェードは窓枠と一体化していて、より広い景色が楽しめそう!

ちなみにちょっとムーディーな機内の照明。LEDムード照明といって、目的地の時刻に合わせ一日の流れに沿って光のトーンや色が変わり、時差ぼけを最小限に抑えてくれるんです。


エコノミークラスのアメニティはアイマスク、歯ブラシ、耳栓、靴下。機内で過ごすには充分なセット。


▲美味しいと話題の機内食はこちら
羽田を出発してから約一時間後が夕食タイム。3種類のメニューからチョイスできます。

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。