体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MT車の購入に妻が猛反対。さて、どう説得する?

▲ATで満足な人も最近は多いでしょうが、「シフトチェンジは自分でやりたい!」と考える守旧派男子も相変わらず多いもの。その際、たいてい反対する「妻」をどう丸め込む……じゃなかった説得すればいいのでしょうか?

▲ATで満足な人も最近は多いでしょうが、「シフトチェンジは自分でやりたい!」と考える守旧派男子も相変わらず多いもの。その際、たいてい反対する「妻」をどう丸め込む……じゃなかった説得すればいいのでしょうか?

妻という「抵抗勢力」とどう対峙すべきか

「MT車」の購入は男の夢であり、ロマンです。最近はATが非常に進化しているため、加速性能とかは実はAT版の方が上だったりもするのですが、そんなのはどうでもいい枝葉末節です。我々男子は速さでなく「夢とロマン」をそこに求めているのですから。

ということで我々は……というか一部の男子は、一も二もなくMT車を購入したいわけですが、そこには巨大な抵抗勢力も存在しています。

「妻」です。

もちろん例外もあることは重々承知ですが、妻という種族は、自動車に関して男子が抱いている夢とロマンを往々にして理解しません。

「車というのは便利かつカンタンに、できればローコストで安全に動けばそれでいいのに、なんでわざわざ『まにゅある』とかいう面倒くさいモノを選ぶ必要があるの?」

「そもそもワタシ、MT車運転できないし」

「馬鹿なの?」

これが、妻という種族の主たる言い分でしょう。

相手方の言い分にも一理あるとは思いますが、そこで「うん、そうかもね」と安易に妥協してAT車を買ってしまっては一生の後悔です。や、AT車でも構わないならそれでもOKですが、もしもあなたがMT車に夢とロマンを抱いているのであれば、ここはぜひとも突破しなければなりません。

ではどうすればいいのか? 次章以降、ともに考えてまいりましょう。

▲「動けばいいだけのモノに、なんでそんなにこだわるの? わからない。ワタシにはまったくわからない……。お願いだからMT車なんてやめて」。日本中で、多くのダンナがそんなことを言われてそうです

▲「動けばいいだけのモノに、なんでそんなにこだわるの? わからない。ワタシにはまったくわからない……。お願いだからMT車なんてやめて」。日本中で、多くのダンナがそんなことを言われてそうです

「アクセルとブレーキの踏み間違え事故」のニュースを話題に出そう

妻がMT車を運転したくないという場合、ベリーベストな解決方法は「妻専用のAT車も別途用意する」です。しかしながら、大都市圏ですと駐車場代がアレですので、この解決方法は事実上不可能な場合も多い。筆者が住まうエリアも駐車場代は月々3万円以上が相場ですので、もう1台分借りるとなると確実に飢え死にします。

ならば……ということで筆者が編み出した秘策が「MTは安全イメージ作戦」です。正確には、そこにお金などの女性好みな「現実」もアドオンさせる複合作戦であります。

以下、順を追ってご説明しましょう。

車に関する夢とロマンの話をしてもムダですし、論理的な話(MT車の方が燃費が良い場合が多い、車両価格も基本的には安い、エンブレを利かせやすいため安全でもある)などの話も、後々は理解してくれるはずですが、いきなり言っても拒絶反応を示すだけですので、これまたムダです。

ということで、まずは「MTは安全イメージ作戦」です。 最近、高齢ドライバーがAT車のアクセルとブレーキを踏み間違えて壁などに突っ込んでしまう事故が多発していることは、妻も知っているはず。そういったニュースを二人で見ながら、「MT車ならこんな間違え起きないだろうなぁ」とぼやいてみてください。

きっと妻は「え、どうして?」と聞いてくるはず。そうしたら、しめたものです。「MT車は走り出す際に『クラッチ操作』というものが必要だから、ブレーキとアクセルを踏み間違えて……なんて事故は起きにくいんだ」と説明してあげましょう。

▲二人でテレビを見ながらさり気なく言うのがポイントです。決して力を入れすぎないように!
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。