体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

暑さ対策グッズ「水冷式人間エアコン」検証した

暑さ対策グッズ「水冷式人間エアコン」検証した

炎天下の中でも、工事現場の仕事は休みになりません。熱中症や過酷な暑さと戦いながら働く男の現場は、まさに戦場です。その上、体を守るためのヘルメットやブーツで、体温は極限状態といえるでしょう。それを和らげるためにクールスマイルにて開発されたのが「クールアーマー」シリーズです。

冷水で体温を下げる暑さ対策グッズ

腰に装着した「水循環冷却バッグ」から流れる冷水がクールアーマーを通過し、水冷式で体温を下げてくれます。さらにヘルメットインナーと合わせれば「水冷式人間エアコン」ともいえる暑さ対策グッズです。

今回、使用したのは頭部全体を冷却する「CA2typeG」(標準価格50,000円)と、ベストタイプの「CA3typeE」(標準価格30,000円)、水循環冷却バッグ「CS315」(標準価格25,000円)です。

クールアーマーの使い方は、まず1,000mlペットボトルに8割ほど水を入れ凍らせます。そこに1割水を入れて水循環冷却バッグにセットしたら、止水弁付き継手を接続しスイッチオン。冷水が回り始め、循環が始まります。

暑さ対策グッズを上半身にフル装備

バイク乗りは、ヘルメットなどで内部に熱がこもりがち。そこで、この暑さ対策グッズを上半身にフル装備して気温34度の中、バイクで10分ほど走行してみました。信号待ちの時などに、特に涼しく感じます。外から温度を計測してもマイナス5度。体感では、もっと下がったような感じがしました。

水循環冷却バッグの連続使用時間は8時間、最大冷却時間は1時間です。防滴性能はIPX2相当となっています。サイズ/重さは190W×240H×80Dmm/650g。電源は5,800mAhリチウムイオン電池で、充電はAC100Vです。

このほか、手軽な水冷式エアコンもラインアップされています。首に軽く巻けるタイプ「CA3typeW」は標準価格15,000円です。これなら街中でも違和感無く使えるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。