ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「波乗り犬」のための世界大会。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「波乗り犬」のための世界大会。

アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。

場所は、カリフォルニア州ハンティントンビーチ。サーファーのメッカとも呼ばれるこのビーチで、犬とサーフィンを愛する観客が大勢集まる中、華麗な波乗りを披露してくれました。 

犬による犬好きのための
サーフィン大会

「波乗り犬」のための世界大会。Photo by TasteTV/Steve Linder「波乗り犬」のための世界大会。Photo by TasteTV/Steve Linder 2008年から開催され15回目を迎えるというこのイベントは、愛犬家サーファーの間では恒例行事となっています。犬たちがどれくらい長くボードに乗っていられるか、またどれくらい華麗に波に乗れるかといった基準で審査されます。「波乗り犬」のための世界大会。Photo by TasteTV/Steve Linder「波乗り犬」のための世界大会。Photo by TasteTV/Steve Linder 犬だけがボードに乗る部門と、飼い主と一緒に乗る部門があります。超大型犬、大型犬、中型犬、小型犬と、体の重さ毎に四カテゴリーに分類。「波乗り犬」のための世界大会。Photo by Jack Owicki「波乗り犬」のための世界大会。Photo by Jack Owicki「波乗り犬」のための世界大会。Photo by Jack Owicki「波乗り犬」のための世界大会。Photo by TasteTV/Steve Linder 世界大会というだけあって、地元カリフォルニア以外からもドッグサーファーたちが集結します。今年も、日頃飼い主と一緒に練習してきた波乗りスキルを存分に発揮してくれたそう。「波乗り犬」のための世界大会。Photo by TasteTV/Steve Linder「波乗り犬」のための世界大会。Photo by Jack Owicki

収益の一部は、犬のために活動する団体に寄付されるそう。犬と波を愛する人にとっては、これ以上ない大会かもしれませんね。 Licensed material used with permission by World Dog Surfing Championships,Jack Owicki

関連記事リンク(外部サイト)

14年間「実験動物」として生かされた、3匹のビーグル犬が自由になった瞬間
ハーフマラソンに「犬」が飛び入り参加。そして・・・まさかの結末が!
世界でいちばんの「犬」が決まるフォトコンテスト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。