体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エメラルドブルーの絶景に感動!涼しい阿寺渓谷で川遊び!【長野】

エメラルドブルーの絶景に感動!涼しい阿寺渓谷で川遊び!【長野】 阿寺渓谷

北に御嶽山、東に中央アルプスがそびえる山間の地・大桑村にある阿寺渓谷。

限りなく透明に近く、“阿寺ブルー”と呼ばれるほど美しいと評判のスポットです。

近くには抜群の透明度を誇る「犬帰りの淵」や「六段の滝」といった見どころもあり、涼しげな川沿いを散策しながら渓谷美を楽しめるんです。

上流まで行くと夏でも上着が必要なほど涼しい渓谷は夏の暑い日に出かけるのにぴったり!

妻籠宿や馬籠宿といった宿場町とセットで行けるドライブコースを作りました!

この夏は涼しい長野ドライブに出かけてみてください!

記事配信:じゃらんニュース

阿寺渓谷【長野県木曽郡大桑村】

川底までくっきり!青く輝く自然の神秘。

阿寺渓谷

赤彦吊り橋は「島木赤彦歌碑」の駐車場からすぐの上流にある

北に御嶽山、東に中央アルプスがそびえる山間の地・大桑村にある阿寺渓谷。

全長15㎞にわたって木曽川の支流・阿寺川が早瀬や淵をなして流れます。

その清流は限りなく透明に近く、“阿寺ブルー”と呼ばれるほどの美しさ。

渓谷の中間点にある島木赤彦歌碑~ウナリ島の区間は、2つの吊り橋を渡した遊歩道が整備され、川と吊り橋が織りなす絶景が見られます。

近くには抜群の透明度を誇る「犬帰りの淵」や「六段の滝」といった見どころもあり、川沿いを散策しながら渓谷美を楽しめます。

■ビューアドバイス

駐車場は島木赤彦歌碑前、阿寺渓谷駐車場、フォレスパ木曽あてら荘駐車場の3カ所。

体力のある人は阿寺渓谷駐車場に駐車して、赤彦吊り橋まで約1時間の渓谷ハイクを楽しみましょう。

■お出かけ前にチェック

渓谷内はトイレが少ないため、駐車場のトイレで済ませておきましょう。

上流は渓谷入口に比べて平均4℃ほど気温が低いので上着の用意を忘れずに。 阿寺渓谷

TEL/0264-55-4566(大桑村観光協会)

住所/木曽郡大桑村野尻阿寺国有林内

アクセス/中央道中津川ICより40分、東名名古屋ICより1時間50分

駐車場/30台

「阿寺渓谷」の詳細はこちら

ここにも寄りたい!

妻籠宿

妻籠宿

中山道六十九次42番目の宿場町。本陣や脇本陣などの歴史的な建造物のほか、江戸時代の建物を利用したカフェや食事処も点在しています。 妻籠宿

TEL/0264-57-3123(妻籠観光協会)

住所/木曽郡南木曽町吾妻

駐車場/320台(1回500円)

「妻籠宿」の詳細はこちら

音吉

宿場御膳 1620円

宿場御膳 1620円

宿場町のそばにある食事処。山菜や川魚を使った郷土料理が味わえます。

夏は天然鮎塩焼1080円などもありますよ。 音吉(おときち)

TEL/0264-57-3600

住所/木曽郡南木曽町吾妻橋場

営業時間/11時~14時(土日は~15時)

定休日/不定

駐車場/12台

「音吉」の詳細はこちら

馬籠宿

馬籠宿

中山道の宿場町で石畳の坂道が続く風情豊かな光景が広がります。

文人・島崎藤村ゆかりの地で、生家跡には藤村記念館が立ち、館内には約6000点の所蔵品を展示しています。 馬籠宿

TEL/0573-69-2336(馬籠観光協会)

住所/中津川市馬籠

料金/無料

駐車場/350台

「馬籠宿」の詳細はこちら

※この記事は2017年7月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

まるで異空間への入り口!?千本鳥居が織りなす絶景【京都】
どんぐり屋根がキュート♪閑静な森に佇むアート空間が気になる【静岡】
人気沸騰中のダム見学!マニアよだれ物の中身を公開!【岐阜】

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。