ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フサギンポのシュークリームにエクレアがペンギン!?水族館で洋菓子に触る親子の時間

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
フサギンポのシュークリームにエクレアがペンギン!?水族館で洋菓子に触る親子の時間

世の甘いもの好きなら一度は手に取ったことがある―――いや、誰もがコンビニやスーパーで一度は目にしたことがある、あのシュークリームが、なんと生誕20周年をむかえたのだとか。

 

 

ハタチになった定番シュークリームとは、黄色いパッケージでおなじみの、あの「牛乳と卵のシュークリーム」。この“オトナへの仲間入り”をはたしたシュークリームなどを製造・販売するモンテール(東京都足立区)は、この夏休みに、“我が子のハタチ”を記念して、大阪の世界最大級水族館「海遊館」とタッグを組み、親子向けイベントを開催した。

 

シュークリームと水族館。ふたつの関係性など、ひとつもあるはずない。と思っていたら、ほっこりする笑いとコミュニケーションを生む絶妙なコラボレーションが、あった。

 

シュークリームって、じゃがいもやもくもく雲にも似たカタチだけど、水族館にいる生き物にも似ていたりする。フグ系のゴツゴツした顔と、どことなく被るフォルムを持っているし、角やヒレ、ヒゲをつけると、フサギンポにも似てたり……。

 

そんな、「似てない?」から生まれたシュークリーム×水族館のコラボレーションが、「夏休み!こどもパティシエで自由研究!『顔博×デコスイーツ』体験講座」だ。

 

海遊館「顔博」にモンテールがラブコール

東京・足立に本社を置くモンテールがなぜ、大阪の海遊館とコラボするのか?

海遊館はこの夏、「ユニークな顔、不思議な顔、ちょっと怖い顔など、多様性に富んだ魚たち約20種70点を集め、その特徴を「顔」「口」「目」「顔まね」「歯」の5つのコーナーで紹介する」という「顔博」を展開。この魚類の変顔系イベントに、モンテールが「タッグを組んで親子をアッといわせるイベントを」というワケだ。

 ※出典 http://www.kaiyukan.com/kaohaku/

 

同イベントの流れはこうだ。まず、親子で水族館内を回遊。そこで、シュークリームやエクレアで表現できそうな魚を探し出す。コレだと思った魚が見つかったら、それを親子でスケッチ。そのスケッチをもとに、シュークリームやエクレアに、デコレーションして、「ボクだけ、ワタシだけのスイーツ」をつくり、「変な顔~っ」と親子で笑い合う……。

 

 

子どもたちは、海遊館の個性豊かな魚たちを見て、「ほんまや! めっちゃかわいい!」「うわっ、これなに?」「これシュークリームみたいな顔やん!」と大ハシャギ。さらに、飼育員の開設を聞いて親子で「えーっ!?」「へ~っ」とびっくりしたりうなずいたり。さらに、イワトビペンギンやワモンアザラシを間近に見て大興奮。

 

 

ペンギンやアザラシと出会ったあと、洋菓子のプロ、パティシエが登場。モンテールの美女パティシエが子どもたちの前に現れ、自社の「牛乳と卵のシュークリーム」や「牛乳と卵のエクレア」にチョコレートや生クリーム、ポテトチップスなどで、フサギンポやペンギンに変身させていく。

 

子どもたちは、ペンギンやアザラシの動きやまなざし、パティシエの見事な技術に、まじまじとジーッ。ママやパパも「へ~っ」と唸る。

 

デコったあとは躊躇なくいただきます!

そしていよいよ、親子でデコスイーツにトライ。シュークリームに竹串をブスッ、ポテトチップスをグサッ……。ちょっと残酷にもみえるけど、「だんだん顔ができてきたな」「うわーっ意外とゴッツイ顔になってきた。アカン。かわいくない」といった愉快な会話が生まれ、子どもたちは「もっとつくる!」「次はジンベイザメ!」「アザラシもやりたい!」と夢中。

 

 

ちなみにジンベイザメは、モンテールの「手巻きクレープ・生チョコ」にやはり菓子をブスッ、グサッと挿して目を入れてつくる。これがまた、子どもたちは上手。慣れると次々と力作を量産する子どもたちのチカラに、大人たちは圧倒されていた。

 

 

このデコスイーツ、実は自宅でかんたんにできる。シュークリームやエクレアを買うときに、目鼻、ヒレなどに似た菓子などもいっしょに購入すれば、親子でいろいろな顔がつくれてしまう。

 

モンテールのYouTube公式チャンネル「MonteurRecipe」には、「スイーツレシピ」なる動画がいろいろ公開されているので、「ウチでもやろうか!」というパパ・ママは、こうした動画をチェックしてみて。

 

 

「できた~っ」と拍手したりハイタッチしたりする子どもたちは、力作をつくりあげたあともダイナミックだ。「食べるのかわいそう」「もったいない」と思っている大人たちをよそ目に、子どもたちはバクッと食いつく。

 

口元にホイップをつけながら、もぐもぐ、ニンマリ。もぐもぐ、ニカッ……。「これもまた、うまいな」「またあったら行こうな」。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

夏が来る前にビーチコーミングデビュー!貝殻拾いブームがくる!? 
この夏、主婦がつくってみたいカレーNo.1パッポンカリー!その人気のヒミツとは?
キットカットショコラトリーがリニューアル!スイーツ好き川田アナが新商品を食レポ
都内の人気、七夕スポットで願いを成就させよ
事前準備からおすすめのお土産まで!バリ旅のススメ

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。