体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こだわりの作り手が全国から参加「第6回世田谷代田ものこと祭り」開催

monocoto-matsuri_001

じゅんさい流しや職場体験などイベント充実

2017年8月27日(日)、東京・世田谷の世田谷代田駅前の商店街にて「第6回世田谷代田ものこと祭り」が開催されます。

商店街に再び活気を取り戻すため、全国からこだわりの作り手を迎えて開かれる町おこしイベント。外部から出店する職人や飲食店舗など約35組を含む全80組ほどの店舗やグループが来場者を迎えます。

商店街&まちなかエリアでは、手作り作家による直販やワークショップが多く開催されます。また代田八幡神社ではものこと祭り名物となっている「流しじゅんさい」が今年も登場。秋田県から直送された高級食材のじゅんさいが無料で振る舞われる毎年人気のコーナーです。

家族連れにオススメなのが「子どもお仕事体験」。職場見学やレジ打ち体験など当日のショップ運営を子どもたちが手伝い、当日に神社内で使えるチケットがお給料として支払われます。

プロの作り手と一緒に工作を楽しむコーナーも設けられ、竹とんぼやフェルト作りなど夏休みの宿題にぴったりな企画が用意されているそう。

人と人が垣根なく繋がることができる、それが「良い街」なのかもしれません。周辺にお住まいの方だけでなく、代田に行ったことがないという方も、是非訪れてみてください。

monocoto-matsuri_002 流しじゅんさいの様子。つるつる、ぷるぷるのじゅんさいをつかむのは至難の技! monocoto-matsuri_003 こどもお仕事体験の様子。参加にはイベント公式サイトから事前申し込みが必要です。 monocoto-matsuri_004 ものこと祭りは地元の方々とボランティアの皆さんにより運営されています。 monocoto-matsuri_005

第6回世田谷代田ものこと祭り

会期:2017年8月27日(日)10:00~17:00

会場:世田谷代田駅前の商店街/東京都世田谷区代田周辺

代田八幡神社/東京都世田谷区代田3-57-1

詳細:http://monocoto-matsuri.com

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

国内外の「編む」が集合! 編んで生まれたプロダクトの展示販売、銀座で開催中
深澤直人の国内初となる個展「深澤直人がデザインする生活の周囲展」開催中
資生堂アートハウスがリニューアルオープン!初企画展「工藝を我らに二〇一七」開催中

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。