体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINEバイトに音霊(おとだま)も…若年層が三浦海岸に集まる理由。オファーハウス取材レポ!

LINEバイトに音霊(おとだま)も…若年層が三浦海岸に集まる理由。オファーハウス取材レポ!

(帰りたくないなァ……)

「海の家」のソファーに座り、青く広がる海と空を眺めながら、すっかり開放感にひたり、あやうく仕事を放棄しそうになりました。取材で伺った三浦海岸海水浴場 海の家「OFFER HOUSE by LINEバイト」さんでのできごとです。

 

 

京浜急行 電鉄久里浜線 三浦海岸駅より徒歩5分の三浦海岸海水浴場は、思った以上に爽やかで都会の喧騒はもとより、海独特のねっとりとした暑苦しさもありません。

 

三浦海岸といえば、江の島や由比ヶ浜、茅ヶ崎などの有名な海水浴のメッカ“湘南”を有する神奈川県からすれば、東の端っこで、どちらかといえば地味目な地域。都会から若者がやってきて海水浴を楽しむイメージは正直ありません。

 

しかし、今年で13年目を迎える夏の音楽イベント「音霊」(おとだま)が鎌倉市・由比ヶ浜海岸から三浦海岸へと移り新たなスタートを切るなど、今、三浦海岸に注目が集まっています。さらに、あの「LINEバイト」が運営する海の家もあると聞き、これはいよいよ、三浦海岸が湘南にとってかわる時代がやってくるのでは? と、興味が湧き現地へ。

 

「OFFER HOUSE by LINEバイト」(以下、オファーハウス)さんに取材のご協力をいただき「海の家」を通して、三浦海岸の魅力を探ってきました。

 

 

キーワードは清潔感? 海好きが集まる海水浴場

オファーハウスは、「LINEバイト」に登録し「オファー」機能を使って採用された「海の家」にピッタリな個性や特技をもつアルバイターが働く「海の家」です。

 

なぜ、出店先が由比ヶ浜や江の島でなく三浦海岸なのか。早速、オファーハウスを担当している中澤さんにお話しを伺いました。

 

「海が本当に好きなオファーさん達に働いてもらいたかったんですね。さまざまな場所を検討しましたが、三浦海岸はアルバイトをしながら、ひと夏を過ごすのに程よい環境があると思いました」

 

―― 人が多くなく、海と自然が美しい場所だからこそ、アルバイトに精が出るということですか?

 

「人が集まり、海以外にも楽しみ方のある由比ヶ浜や江の島も魅力的です。海に何を求めて遊びや仕事に来るか? 目的の違いだと思います。…それから、大切なことですが、三浦海岸は、京浜急行を利用すれば品川から一本で来られるので交通の便が良いんですよ。これなら東京在住のアルバイトさんも安心して通えますよね」

 

ちなみに「オファー」機能は採用担当者が、求職者へ直接仕事のオファーをすることのできるサービス。求職者は、シフト、勤務地、給与、身につけたいこと、活かしたいことの中から最も自身にとって大切な条件を登録し、プロフィールを作成し登録できます。

 

オファーでつくる最強の海「オファーハウス」

取材中、オファーハウスを案内してくれたのは、動画コミュニケーションアプリ「SNOW」の公式カメラマン「盛人(もりんちゅ)」の“うーちゃん。”さん。写真撮影を通してお客様とコミュニケーションをとるのがお仕事で、写真を頼むと「SNOW」で楽しめる「盛りテク」を駆使してSNS映えする写真を撮影してくれます。

 

 

そんな“うーちゃん。”さんに、オファーハウスや三浦海岸の印象を伺ってみると、仕事がしやすく清潔感がある海水浴場は過ごしやすく、海水浴に訪れるお客様が優しいと話します。

 
1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。