体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地取材】本当にジャンキーだらけの町なのか! ラオス・バンビエンとドラッグの関係を調べる

20170822_drg2

ラオスの観光都市「バンビエン」と一緒に検索されている言葉を解析ツールを使って調べてみると、「大麻」「キノコ」「オピウム(アヘン)」といったドラッグの名前が多く出てきます。Twitterで「バンビエン」と一緒につぶやかれている言葉を調べてみても、同様にドラッグについてのつぶやきが多く見られます。

自分はバンビエンに住み始めて6ヶ月が経ちました。確かにここはマリファナやアヘンなどのドラッグを手に入れやすい土地です。町のなかには、若者が吸うアヘンの匂いが半径10mほど漂う区画もあります。でもドラッグが蔓延しているのはタイやカンボジアの一部でも変わりません。それなのに、なぜラオスのバンビエンだけが〈ドラッグの町〉として日本人に知られてしまっているのでしょう。現在の様子をお伝えしがてら考えてみたいと思います。

・バンビエンで普及しているドラッグの種類は?
バンビエンで普及しているドラッグは、マリファナやアヘン、マジックマッシュルーム。かつてゴールデントライアングルと言われたミャンマー、タイ、ラオスの三国をまたぐエリアではアヘンを作るための芥子や大麻が栽培されてきた歴史があり、ラオス北部ではアヘンが比較的手に入りやすい傾向にあります。

牛の糞から生えてくるマジックマッシュルームは、農耕で牛を使うことが多い地方では自生していることが多いのです。それらのドラッグはラオスの地元民にも嗜好品として広まっている現状があります。

20170822_drg1

・バックパッカーが発展させた町
バンビエンは70年代に欧米のツーリストに発見され、90年代以降にはヨーロッパからバックパッカーが数多く流入してきました。バンビエンでマリファナが普及していった理由は、バックパッカーが大量に訪れ、彼らが町を発展させてきた歴史と深く関係があります。

バックパッカーの中にはマリファナを吸うのが好きな人が一定数いて、もともと地元で育てられていたマリファナが旅行者に普及し、さらにアヘンなども摂取するようになり、評判が評判を呼んで……という形でバンビエンは〈ドラッグの町〉になってしまいました。

マリファナ、バックパッカー、時代性の3要素が絡み合い、バンビエンのイメージが形作られてしまったのです。

20170822_drg3

・今もドラッグは蔓延している? バンビエンの現在
冒頭で触れたとおり、バンビエンでは今でもある種のドラッグを簡単に手に入れることができます。一方で2010年代以降は警察による摘発の動きも大きくなってきています。

ゲストハウスには不定期に調査が入り、毎月少なくともで10人以上の外国人が摘発を受けています。一度捕まったら700ドルの罰金を払うまでパスポートを取り上げられてしまいます。罰金の効果は大きく、今では町中で堂々とマリファナを吸っている人の姿を見ることはほぼありません(たまーに見かけます)。北欧からバンビエンの町に移住してきて約20年、ゲストハウスの経営などを行うAさんは以下のように語ります。

「これまで何人も摘発されてきた旅行者を見てきた。警察は安宿の周りをいつも見張っている。マリファナの臭いでバレることを恐れて川沿いのテラスで吸っていても、川の向こうから警察がチェックしてガサ入れすることもある。バンビエンでは、誰か一人がマリファナを吸っていて捕まったら、そのグループ全員が罰金を支払わなければいけない。その中に吸っていない人が混ざっていても関係ないんだ。警察は罰金を徴収するのに必死なんだよ。警察のことをいくら説明しても、バンビエンでマリファナを吸う旅行者はいる。捕まってから泣きつかれても、自分にできることはないんだ」

1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。