体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インドネシア国際モーターショー2017】注目の日本車紹介

▲インドネシアのジャカルタ・コンベンションセンターで、2017年8月10日から20日にかけて開催された、インドネシア国際モーターショーから、日本車の展示モデルを紹介する

▲インドネシアのジャカルタ・コンベンションセンターで、2017年8月10日から20日にかけて開催された、インドネシア国際モーターショーから、日本車の展示モデルを紹介する

三菱 エクスパンダーをはじめ、注目モデルが登場

日本車のシェアが99%にも達するインドネシア。そんな地で、2017年8月10日から20日に開催されたインドネシア国際モーターショーの模様を紹介する。当然主役は日本車で、各メーカーとも大きなブースを構えていた。大型デビューモデル、三菱 エクスパンダーをはじめ、得意のハイブリッド車などが多数出品されており、見どころの多いショーだった。

▲ASEAN地域で大人気となっている、パジェロスポーツのイメージを色濃く反映させているFFベースの7人乗りコンパクトMPVが、三菱 エクスパンダーだ。インドネシア国内では今秋より発売される。ASEANなど一部地域へは2018年春より出荷予定。ショー会場ではいちばん人気となっていた

▲ASEAN地域で大人気となっている、パジェロスポーツのイメージを色濃く反映させているFFベースの7人乗りコンパクトMPVが、三菱 エクスパンダーだ。インドネシア国内では今秋より発売される。ASEANなど一部地域へは2018年春より出荷予定。ショー会場ではいちばん人気となっていた

▲ダイハツのコンパクトカー技術を生かしたMPVのコンセプトモデルのマルチシックス。ウォークスルーができる広大な室内空間と、スタイリッシュな外観を両立させている。何世代も同居する大家族社会となるインドネシアでは、多人数乗車が可能なMPV人気は高い。来場者の反応をみるために出品された模様

▲ダイハツのコンパクトカー技術を生かしたMPVのコンセプトモデルのマルチシックス。ウォークスルーができる広大な室内空間と、スタイリッシュな外観を両立させている。何世代も同居する大家族社会となるインドネシアでは、多人数乗車が可能なMPV人気は高い。来場者の反応をみるために出品された模様

▲上のマルチシックスとは対極をなす、ダイハツのセダンコンセプト。大家族スタイルが定番のインドネシアでも、核家族化が進んでおり、そのような層の反応をみるために出品されたようだ。ハッチバックの方がセダンより税金が安い彼の地の事情もあり、ハッチバックセダン風のデザインを採用
1 2 3 4次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会