体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自分らしく働く」とは?職種・業種・障害をこえた考え方 | にしくん

f:id:kensukesuzuki:20170823070616j:plain

こんにちは!見知らぬ人に跡をつけられて、どうにか逃げ切った修羅ガールです。

私は、以前の記事でもお伝えしたように難聴という障害を抱えています。足音などが聞き取れないので、聴覚以外の正常に動いている機能をうまく使ったり、時には人に頼ったりして、日々の生活や危機をなんとか代用・回避しています。もちろん仕事上でも。

というわけで、今回は「障害を抱えて働く」について、考えるお話です。

幼少期に難病を患い、後遺症を持ちながらも映像監督・ライター等としてマルチに活躍する、にしくんに、お話を伺いしました。

<にしくん プロフィール>

本名:西晃平。1993年東京都生まれ。

幼少期に小児がん、さらに日本に30人ほどしかいない難病といわれる「ムコ多糖症モルキオ病」に。高卒後ニートを経て、IT企業の正社員プログラマーとして勤務。現在はAV監督、ホスト、ライター等として活躍。

にしくん (@KoHeyNishi) | Twitter

日常生活で困ることは誰かに頼ればいい

— にしくんが日常において工夫していることは、どんなことですか?

にしくん:そうですね、あまり手に力が入らないのでペットボトルなどは道具を使って開けたりしています。誰か他に人がいればその人に開けてもらうようにお願いします。他にも、買い物をした時などはその辺の通行人に声をかけて、物を持つのを手伝ってもらったりしています。

足もあまりよくないので、なるべく交通網が充実しているロケーションに住むようにしていますし、バスや電車などの乗り降りで大変な時も周囲の人に声をかけて手伝ってもらっています。

— 見知らぬ人にも気兼ねなく声をかけちゃうんですか!?

にしくん:どう見ても「手伝ってくれなさそうだな~」という人には声かけませんよ(笑)でも、たとえ他人でも全く知らない人でも、誰にでも声をかけられるのは自分の強みだと思っています。それは仕事でも同様ですね。それよりも出来ないことにフォーカスするのではなくて、出来ることをたくさんやる、そして出来ることを増やすようにしていますね。

ニートだった僕を恩師が一喝。IT企業に就職することに

— 今の働き方には、どのようにたどり着いたのでしょうか?

f:id:kensukesuzuki:20170823071008j:plain
1 2 3 4 5次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会