体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏だけのごちそう!「花もも」の目にも涼しいすだちそば【京都】

f:id:mesitsu_la:20170807213936j:plain

実は◯◯から生まれた!? 名物メニュー

こんにちは。メシ通レポーターの泡です。

言うてもしゃーないことですが、まだまだ暑いですね。

特に盆地・ザ・京都の蒸し暑さときたら、太陽に向かって「サーセンしたぁぁ!」と謝ってでも手加減してほしいくらい。

そんなつらい日々の救世主になりうる一杯、私、知ってます。

さっそく見ていただきましょう!

f:id:mesitsu_la:20170807214226j:plain

▲すだちそば 930円(5~9月限定)

京都御苑の南、通称・御所南にある手打ちそば店「花もも」の夏メニューです。

麦わら色に澄んだ冷たいおだしに浸った優美なそば、

そして一面に浮かぶグリーンのすだち。

どうです、眺めているだけで体感温度がスーッと下がっていきませんか?

まずは丼を両手で持って香りを楽しみます。

と、それより先に手のひらに伝わるひんやり感がうれしい。

だしがふわりと香り、その後を追うように爽やかな柑橘の香りが広がります。

箸先ですだちをそっとよけてそばを味わうと、ほのかに残り香が。

なんだかキュンとくる瞬間です。

冷水でしっかりと締められたそばは喉越しよく、するするーっと胃のふに落ちて行きます。

そばの甘やかな風味が余韻として残り、なんとも快い。

千切りミョウガのシャキッとした食感がいいアクセントをつけてくれるのも心憎いですなぁ。あー、夏っ!

この快感を何度か味わっているうちにあっという間に丼は空に。

ほんのりすだちの香りが移っただしは調味料控えめの優しい味付けなので、全部飲み干せるんですよ。

すだちの皮から苦味が出るからと途中で取り分ける用の小皿が添えられていますが、個人的には最後まですだちをのっけたまま味わうのが好きです。

f:id:mesitsu_la:20170807214255j:plain

と、ここのすだち、何か違いませんか?

f:id:mesitsu_la:20170807214323j:plain

よーく見てくださいな。

わかりました!?

そう、ひと切れずつ、種がすべて除かれているのです。

こういう丁寧な仕事ぶり、いいですよね~。

f:id:mesitsu_la:20170807214340j:plain

ごちそうさまでした!

鍋から出したばかりのゆで豚なみに火照っていたカラダもすっかり落ち着き、夏の太陽を憎む気持ちも薄れてきました。ふぅ。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。