体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロが使うキッチンツールを自作して、「いつものサラダ」をレベルアップしてみた

f:id:sakanaya-sandaime:20170814181914j:plain

道具さえそろえばウマいものができる! かどうかはひとまず置いておき、あるといいなあ、使ってみたいなあというキッチンツールって星の数ほどあるんです。でも、そんなに使わないかもしれないし、わざわざ買うのはちょっと……。うん、わかります。では、作っちゃいましょう!!

ということで、今回は盛り付けと食感に重点を置いて、自作の丸セルクル(筒状の枠型)を使った「お店で出てくるようなサーモンサラダ」をご紹介します。セルクル型を使って、彩りを考えながら簡単に食材の層を作ってみました。

おなじみの刺身用サーモンを使いますが、切ってお皿にのせるだけ、のサラダとはひと味違います。ちょっと特別な日の家飲みにオススメですよ。

魚屋三代目の「サーモンと夏野菜のサラダ・タルタル仕立て」

【材料】2人前

刺身用サーモンのサク 150g アボカド 1個 きゅうり 小1本(約100g) 玉ねぎ 小1/2(約50g) すし酢(市販品) 適量 塩 少々 エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1 粗びき黒胡椒 適量 盛り付け用の葉物野菜 お好みで(今回はサラダほうれん草) パセリみじん切り 適量 わさび お好みで

(A) マヨネーズ、ヨーグルト(無糖) 大さじ1 すりおろしニンニク(チューブでもOK)、塩 少々

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20170815063246j:plain

1. きゅうりを縦半分に切り、さらに縦三等分に切ったら1センチ幅に切る。切ったきゅうりに軽く塩を振り(分量外)軽く混ぜて5分ほど置いて水分を出し、さっと水洗いをしたら水気を切っておく。玉ねぎは細かめのみじん切りにし、水にさらしてから水気を切っておく。

f:id:sakanaya-sandaime:20170814181951j:plain

サーモンは1センチ幅のダイス状に切り、塩を少々ふり、オリーブオイルをかけてからよく混ぜてマリネにし冷蔵庫で30分程度冷やします。

f:id:sakanaya-sandaime:20170814181941j:plain

2. アボカドの種と皮を取り除き、1センチ幅のサイズに切りボウルに入れてすし酢を回しかけ混ぜておきます。1のきゅうりと玉ねぎをボウルに入れて混ぜ、こちらにもすし酢を回しかけ、アボカドと一緒に冷蔵庫で30分程度冷やします。

※ついでに、おいしいベストな状態のアボカドの選び方はこちら!

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。