体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レディー・ガガのドキュメンタリーが9/22にNetflixに登場

レディー・ガガのドキュメンタリーが9/22にNetflixに登場

 2017年9月22日(現地時間)、レディー・ガガを追ったオリジナル・ドキュメンタリー『Gaga: Five Foot Two』(ガガ:ファイヴ・フット・トゥー)がNetflixで公開される。

 彼女は8月24日にTwitterに、「わたしは実際より大きく見えて目立つかもしれないけれど、実はたったの #GagaFiveFootTwo」と投稿し、このハッシュタグをつけていくつかの予告映像を投稿した。“Five Foot Two”とは5フィート2インチ(約158cm)、つまりイメージより小柄な彼女の身長のことを意味していると思われる。

 なかなか触れる機会がないレディー・ガガの普段の様子を追ったドキュメンタリーの予告の1本目では、「わたしはひとりぼっちなのよ、ブランドン、毎晩。この人たちは皆去ってしまうんでしょう?一日中みんなに触られて、話しかけられる状態から、完全な静けさになるのよ」と彼女が声を震わせながら訴えている生々しい音声が聞こえ、2本目の映像では今年2月に開催されたNFLスーパーボウル・ハーフタイム・ショーの本番直前に、衣装を着た彼女がワイヤーで粛々と吊り上げられていく様子が映っている。

 インスタグラムに投稿された映像の1つでは、レディー・ガガが病院で今後の治療の手順について説明を受けている。彼女が抱えている慢性的な腰の痛みの治療かもしれないが、注射器が何本も用意され、「まずは痛みを取りましょう」と言われていることからも深刻な様子が伝わってくる。別の投稿では静止画像に彼女の声だけが聞こえるが、「ドキュメンタリーからいくつかの短いカットは見たけど、全体を通して……というかほとんど見ないでおこうって決めたの。自分のことを客観的には見れないから。だからみんなの方がわたしより先に見るわね」と語っている。

 Netflixの番組紹介には、「“pop provocateur”(ポップの挑発者)レディー・ガガが、冒険的なニュー・アルバム(『ジョアン』)をリリースするところからスーパーボウル・ハーフタイム・ショーの準備をするところまでの舞台裏を追う」と記載されている。

◎レディー・ガガによる投稿
https://twitter.com/ladygaga/status/900719388810027008
https://twitter.com/ladygaga/status/900683482191495168
https://twitter.com/ladygaga/status/900695588450250754
https://twitter.com/ladygaga/status/900703984863916032
https://www.instagram.com/p/BYLCPkug4QO/
https://www.instagram.com/p/BYLP8XtgPwP/

関連記事リンク(外部サイト)

レディー・ガガのワールド・ツアー開幕、全公演で約109億円の収益予想
レディー・ガガ、「ザ・キュア」の“目が回る”リリック・ビデオを公開
レディー・ガガ、新曲「The Cure」を初披露した【コーチェラ2017】ミニ・レポート

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。