体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『神戸牛入りベビースターラーメン丸 ガーリックステーキ味』ファミマの夏の風物詩!? 神戸牛味新版降臨!

昨年も「神戸牛入りベビースターラーメン丸 牛ステーキ味」として登場していたラーメン丸の変り種が、今回はニンニクをフィーチャリングして再登場。グンと臭くなった『神戸牛入りベビースターラーメン丸 ガーリックステーキ味』は昨年に引き続きファミリーマート専売商品の模様。

ビーフ味玉の旨みにノックアウトされる、強烈なニンニク臭が周囲をノックアウトするスペシャルな一品!

 

ラーメン丸と言えば、バラバラに散らかりやすいBSRの特性を丸めて固めることによって解決した製品。さらにカップ入りで、見事に手を汚すことなく食べられることからビジネスタイムにもさりげなく楽しめると好評のシリーズだ。

ところが今年のおやつカンパニー『神戸牛入りベビースターラーメン丸 ガーリックステーキ味』(59g・実勢価格 税込約150円・発売中)は、そうしたステルス食べには決して向かない仕上がりとなった。何しろフタをめくった途端にニンニクの強烈な香りが半径1.5mくらいには広がる。職場でさりげなく食べるには、これはどうにも向いていない。

フォルムはラーメン丸だが、この『神戸牛入りベビースターラーメン丸 ガーリックステーキ味』の良いところは、ビーフ味玉の名称で、神戸牛ミンチ(小さな謎肉状の塊)が原材料の10%を占めているというから驚く。確かにここまで量を入れれば、”神戸牛入り”の名に恥じない。

味わいは濃厚な牛肉の甘辛風味の旨み、コショウとガーリックで引き立たせたその味わいは、昨年よりも甘みを抑えて攻撃的な仕上がりとなった。これは美味しい。ビーフの味わいをガツンとニンニク仕立てで味わいたいなら、かなりの完成度でこのラーメン丸は夢の時間を与えてくれる。

まさにくさウマ。周囲の迷惑を顧みなくていい場所で、ビールやコーラなどの炭酸飲料をお供にカップからコロコロ口の中へ流し込みたくなる特別感のあるスナックだ。

ただもちろんその分チキン味は一掃されているので、どちらかというとBSRファンというより、「ブタメン」ファンが喜ぶ気がする。入手はファミリーマートにて。


関連記事リンク(外部サイト)

『神戸牛入りベビースターラーメン丸 牛ステーキ味』本物の神戸牛ミンチを混ぜ込んだ、甘めの肉汁風味!
『ブタメン BIG』大きくなった子供層を狙い撃ち! 郷愁という最高のスパイスとともに味わってみた
大ヒット「燃えよ唐辛子」続篇『大炎上唐辛子』登場! 全国の“激辛大好き戦士”に新たなる挑戦状か
高級化路線に味をしめた湖池屋が「スコーン」も『スゴーン 海老まるごと / 鶏炭火焼』に濃厚ゴージャス化!
別名”黒ダイヤ”! 高級食材・黒トリュフの香りが立ち上る『ポテトリュフ<トリュフバター味>』のグルメぶり

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。